ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

PC遍歴前編 MacからWinへ

e0012194_0302090.jpg最初に自分でお金を出して買ったPCはAppleのColor Classic。RAMが6MBで、HDDが80MBくらいだったかな。筐体に貼ってあるQuickTimeのロゴを見た友達に「ぜんぜん、クイックやあらへんなー」といわれてました。そーゆーことじゃないんだけど、返す言葉がないくらい遅かった・・

以来、Mac一筋にLC475、PowerPC6100/66、ついにはRadius 81/110まで上り詰める?んですが、20インチのブラウン管とともに押し入れに鎮座するRadius互換機の佇まいに圧迫感を感じ、一転して初代のiMacを購入。そして、このiMacが最後のAppleに。

Windowsに切り替えようと思った理由はインターネット。
Macのブラウザだと正しく表示されなかったり、オンラインサービスが受けられなかったり、ストリーミングが見られなかったり、いろいろと制約が多かったんですよね。そのころ登場したMac OSXに馴染めなかったこともあって、ついにDell Demension 4500cを購入したのでした。

Windowsになって気づいたのはソフトや周辺機器が多いこと。ビックやヨドバシに行くとずらーっと棚に並んでるんですよ、それもいろんな種類のやつが。おかげで、携帯電話とか年賀状とかラベルとか英会話とか家計管理とかいろんなソフトを買っちゃいました。「Final Fantasy XI」もその一つ。オンラインゲームのオモシロサにどっぷりと2年もはまってしまったのです。
[PR]
by dlynch | 2005-11-05 20:59 | others
<< PC遍歴後編 NEC VALU... 「二人の天使」がいのちをくれた >>