ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

Tru Calling

e0012194_1104581.jpgこの11月はものすごーく忙しくて、ブログどころか週末がいつだったか忘れてしまうような状況。そして、気がついたら来週は12月・・くすん。この間は映画も本もろくに見られなかったんですが、『24 -TWENTY FOUR- シーズン4』の前座にでもと思って、10月頃から見始めたのが『Tru Calling』。ようやく第26話「ナイト・ビフォア・クリスマス」 を見終えました。

死者に「Help Me」と呼びかけられると、一番最近の目覚めたところまでタイムスリップ。助けを求めた人を救うためにTruが奔走する、という一話完結のドラマ。でも、正直途中まではだるかった。初めこそ、タイムトラベラーな面白さとスピーディな展開が楽しめたんだけど、謎や意外性に乏しくて、ほとんど惰性で見てたところ、俄然面白くなってきたのが、第14話の「父と娘」から。なに!?○○が××だったの?どーゆーこと?ってな具合です。アメリカのドラマの真骨頂ですね。つまんないなーと思ってる人は我慢してvol.7までは観ましょう。ちょうど、このエピソード辺りから『ビバリーヒルズ高校白書』でブランドンを演じたジェイソン・プリーストリーがTruの敵役と登場して、その曲者ッぷりが後半を盛り上げてくれます。本編とは全然関係ないけど、Jackが企業秘密だから言えないな、という意味で使った「Does Apple say to Microsoft?」には思わずにやり。

Truを演じたエリザ・ドゥシュク以外に魅力的な女優さんはいなかったけど、上司のDavisを演じたザック・ガリフィアナキスと弟のHarrisonを演じたショーン・リーブスはなかなかナイス。ところで、姉ちゃんのMeredithはどこへいったんだろうか?

と、ここまで書いたところで、ネットでTur Callingの続きを調べてみて唖然。
この第26話で終わりってどういうこと?ここからが面白くなるのに、ここで打ちきりとは。
[PR]
by dlynch | 2005-11-26 01:17 | teevee
<< CODE46 PC遍歴後編 NEC VALU... >>