ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

サマーストーリー/A Summer Story

e0012194_21535488.jpg大学生のときに涙したこの作品『A Summer Story』が遂にDVD化!です。

これ何度観たかなぁ。たぶん10回は観てる。
でも、持っていたVHSをデッキごと手放したのはずいぶん昔のことだから、今回観るのは10年ぶりくらい。最初に観たときから数えれば20年近く経ってるわけで、自分がどう感じるのかも楽しみだったんだけど、全く変わりませんでした。

「一体、お前はいまそこで何をやってるんだぁっ!」とステラの横でのんきに歌ってるフランクに向かって怒鳴りたくなることも、「早く声をかけんかい」とメグを見つけたフランクに身を捩りたくなることも、何も知らずにおとなしく頭をなでられているジョーの肩をたたいてやりたくなるのも、メグの一途な愛に喉の奥がツーンとなることも。トーキーでの鏡のシーンには、何度観てもフランクのケツを叩きたくなります。

原作はジョン・ゴールズワージーの『林檎の樹』
原書で読める英語力と1900年代初頭のイギリスに詳しければ別なんだろうけど、ダートムアの美しい田園風景や上流階級が集うトーキーの街並み、ノスタルジックな音楽、なんといってもミーガンを演じたモジェン・スタッブスが瑞々しくて、映画の方が好きです。

もちろん、原作が持つ物語も壊していない。
それになんといっても原作にはないあのラスト。
あまりにも切ない映画です。
[PR]
by dlynch | 2006-02-12 00:00 | cinema
<< パーフェクトブルー | 宮部みゆき NIKEのiPod Shuff... >>