ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

小学生日記

e0012194_2319377.jpgこれオモシロイから読んでみ?とヨメに薦められた『小学生日記』にオドロキ。なんかすごいよ、このエッセイ。ホントに小学生が書いたの?って思っちゃったんだ(hanae*風)。

小学生でなければあり得ない視点で、だからといってそこいらの小学生に書かせてもこうは書けない文章。いや表現力といえばいいのかな。巻末で重松さんが述べているのと全く同じ感想を持ちました。まさに「奇跡」のような一冊。

ワタシの少し前の世代は「新人類」という、幾ばくかの揶揄を込めて呼ばれてもんですが、このhanae*ちゃんこそ新人類。幼い頃に海外で、とくにNYのような人種がごった返している街で育ち、ご両親の愛情や教育がしっかりしているとこういう感性に育つんですね。こんな子たちが社会に出てきたらと想像するとすごく楽しみ。

ちなみに一番のお気に入りは「モトイと日本語」。
なんか最近煮詰まってるなぁと感じてきたアナタにお勧めです。
[PR]
by dlynch | 2006-02-28 23:35 | book
<< 大須に行って来たでよ 千里眼とニュアージュ >>