ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

マレーシア航空とコタキナバル空港

e0012194_22463052.jpg
実は今どこにいるのかというと、フフフ。マレーシアはボルネオ島のサバ州に位置するコタキタバル!もちろん仕事ではありません。でも、一人旅。なぜって?だって、ヨメは日焼けとムシと香辛料が嫌いなんだもん。南の島に一緒に来てくれる女子(かわいくて、スケジュールを詰め込まない人限定)募集中。

マレーシア航空のMH081便で定刻通り13:30に成田を出発。そして、その日の18:30にコナキタバル国際空港に到着。フライト時間は6時間足らず。『千里眼 トランス・オブ・ウォー』を読んで、『イーオン・フラックス』を観てたら、着いちゃいました。直行便はやっぱいい。機内はほどほどの混雑で、でも、カウンターで隣に人がいない通路側という我が儘を言ったおかげで、左2席は空席。

感心したのはマレーシア航空のホスピタリティ。フライトアテンダントのみなさんは親切だし、On Demandの番組は充実してるし、機内食はそこそこイケルし、ガルーダ・インドネシア航空の苦い経験があったので、アジアの航空会社をなめてたんだけど、とんでもない勘違いでした。UAAAにも見習って欲しいものだ。

コナキタバル国際空港(BKI)はこぢんまりとした空港で、入国審査は何も聞かれることなくパス。ターンテーブルから荷物を引き取って、まずはやらなくてはならないことはリンギットへの両替。19時なので空いてるかなーと思ったけど、3つある窓口は全部空いてました。ちなみにレートは32円。街中だともっと安いのかな。タクシーに乗るには運ちゃんにお金を渡すのではなく、カウンターのようなところで、チケットを買わねばならないらしく、65RM払ってホテルへ向かったのでした。
[PR]
by dlynch | 2006-03-13 20:00 | travel
<< Kota Kinabalu市街 ブログ恐るべし >>