ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

サマータイムマシン・ブルース | 本広克行

e0012194_15141950.jpgSan Joseに向かうAAの機内で暇つぶしにでもと『サマータイムマシン・ブルース』を観てたら、これがおもしろい。ものすっごくおもしろい。笑い声がこみ上げてしまって、隣に座っていたメキシカンのおじさんに変な顔されちゃいました。

題名の通り、ひょんなことから若者達の前にタイムマシンが現れて、タイムトラベルをするって話しなんだけど、これって考えてみたら大変なことなのに、やってることがちっせえのなんのって、せいぜい1日しか行き来しないし(99年前に戻るエピソードと未来人はこれはこれで愉快)、タイムトラベルする目的が壊れたクーラーのリモコンを持ち帰るってアナタ・・。

ま、そんなつっこみが満載な訳です。そこかしこにちりばめられたタイムパラドックスの小ネタがじわじわと効いてるし、さらっとした恋愛エピソードもいいし、ラスト爽やかだし、これ、相当に脚本を練っていると思う。

やたらハイテンションの役者陣もマル。瑛太と上野樹里、川岡大次郎以外は知らない人ばかりだったけど、本多くんと永野くんのキャラはいいなぁ。

これDVD買うことに決定。帰国ったら、もう一度観直そっと。
[PR]
by dlynch | 2006-06-05 15:31 | cinema
<< 症例A | 多島斗志之 Twelve Y.O. | 福井晴敏 >>