ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

被害者は誰? | 貫井徳郎

e0012194_2338052.jpg出張前に立ち寄った渋谷のブックファーストで新刊が出ていたので、手に取った『被害者は誰?』なんですが、正直イマイチかな。解説にあるように、主婦の昼下がりに読むにはいいんだろうけど、それにしても東野圭吾の肩の抜けた作品や奥田英朗の方が楽しめると思う。

吉祥院にしても桂島にしてもよくあるキャラだし、二人の会話も笑えるようで笑えない。文体が軽快なわけでもなく、トリックの仕掛けが凝ってるわけでもなく、全体的に中途半端感が拭えない。残念ながら、読み終わったあとに本棚に保管しておこうとは思えない作品でした。

貫井作品『慟哭』や『症候群シリーズ』のような、本格的な作風の方があっているように思います。うーん、残念。
[PR]
by dlynch | 2006-06-10 23:53 | book
<< 久しぶりの仙台 San Joseの映画館 >>