ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

FINAL FANTASY XII

e0012194_0263815.jpgなんと4ヶ月も遊んでたんですね。延べプレイ時間は152時間。飲まず食わずで6日と8時間か・・。はまったゲームのエンディングを見ると、やっと終わった安堵感ととうとう終わってしまった寂寥感が同時に押し寄せて妙な気分です。もっと続けたいような、もう止めたいような。

と、ここまで遊び倒しておいてなんですが、シナリオ重視の私としては『XII』よりも『X』の方が好き(『X-2』はもちろん論外)。『X』の方がよりファンタジーでキャラクターが立ってたと思うんですよね。ユウナの悲壮な決意あり、ディーダとジェクトとの確執あり、アーロンの過去の事情ありと、プレイしたのは5年も前なのに未だに覚えてるくらいだから。

『XII』はモブハントしながらシナリオを進めていたこともあるけど、主人公のはずのヴァンの影が薄く、アーシェとバッシュ以外のメンバーがなぜ戦うのかがよくわからない。そもそもバルフレアとフランはなんでチームを組んでるんだ?ヴェインがなぜああいう行動を起こしたかをもっと掘り下げてくれるだけでもかなり違ってくると思うんだけどな。ところで、最後のアーシェのバルフレアへの言葉は何だったんだろう?そして、オキューリアは無視されたまま?

シナリオ以外の不満は使いどころが分からなかった召還獣。逆によかったのは、ADBと呼ばれるバトルシステムとガンビットの組み合わせによる戦闘の駆け引きかな。それにイベントムービーはスクエニだけにクオリティが飛び抜けてます。

いろいろ不満を書いちゃいましたが、それもFinal Fantasyを愛するが故。次のシリーズをプレイできるのはいつだろうなぁ。
[PR]
by dlynch | 2006-08-02 01:28 | others
<< 殺人の門 | 東野圭吾 冬のソナタ | ユン・ソクホ >>