ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

ブレイブ ストーリー | 千明孝一

e0012194_1838585.jpgあと1時間、せめてあと30分追加して、ワタルが幻界に行かなければならなかった課程をもう少し掘り下げ、ワタルが幻界に着いてからのエピソードを盛り込んでいれば、最後のワタルのあの願いが伝わったのになぁ、というのが映画『ブレイブ ストーリー』を見終わった後の感想。

作り手が原作のあれもこれもを詰め込もうとし過ぎて、焦点がぼけてしまって、結果的に何が言いたかったのかよく分からん、という小説の映画化に良くある失敗に陥ってしまった気がする。「これは、ボクの勇気のハナシ。」なんていいコピーがついてるのだから、そこだけに的を絞ればよかったのに・・。

タレントの声優陣には期待してなかったけど、声優・松たか子はよかったなぁ。ちょっとファンになりました。キ・キーマの大泉洋もナイス。ウェンツがイマイチ。音楽はファンタジーらしくてなかなかよかったです。逆に映像は期待したほどではなかった。ワタシの中では、いまだに『イノセンス』『スチームボーイ』がジャパニメーションの表現の極致です。

小説の映画化ってホント難しいですね。
[PR]
by dlynch | 2006-08-07 19:04 | cinema
<< パイレーツ・オブ・カリビアン/... 殺人の門 | 東野圭吾 >>