ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

ヤバいぜっ!デジタル日本 | 高城剛

e0012194_22155629.jpgたしかMacPowerだったと思うんだけど、誰かがコラムで『ヤバいぜっ!デジタル日本』を絶賛していたのが頭の片隅にあって、フラリと本屋に寄ったときに何となく買ってみました。久しぶりの新書です。

いわゆるIT業界に席を置いている身にとっては、著書の高城は著名人であることは確かなんだけど、クリエイターや映像作家を名乗っている割に、たとえば最近やけに露出が高い佐藤可士和さんのキリンビールのような分かりやすい作例があるわけでもなく、でも政府のナントカ委員をしちゃったりするよく分からない「怪しい」人だったんですよね。だから、眉唾で読み始めたんだけど、これがなかなかマトモなことを書いている。というか、慧眼の持ち主かも?と思い直したのでした。

情報デブやコンテンツ教育、産業としてのアニメーションへの批評には納得できるし、著作権やクリエイティブディレクター、ネットとテレビに関する考察は自分の考え方の整理になりました。コピーの捉え方はとても新鮮。サブタイトルになってる「ハイブリッドスタイル」についても、あぁそうだよなぁと。ときどき鼻につく表現や断定し過ぎな箇所もあるけど、ITやコンテンツビジネス、クリエイティブな業界の方にはどっかなんかがタメになるんじゃないかな。
[PR]
by dlynch | 2006-08-30 22:50 | book
<< 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ... Pure Drive | Ba... >>