ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- | 富野由悠季

e0012194_2251751.jpg17歳のときにリアルタイムで観ていた『Zガンダム』。ファーストの懐かしいキャラ、恋愛めいたエピソード、かっちょいい可変モビルスーツ、そして、あのラストとファーストに劣らないくらい思い入れたっぷりのアニメなので、20年ぶりに劇場公開されると聞けば、そりゃ、仕事サボってでも観に行きますよ。DVDだって3巻まとめて大人買いしちゃうし。

でも・・結論から言えばダメだった。
たぶん、思い入れが強いほど、テレビ版を端折っただけのあの展開にはがっくりくるんじゃないかな?新訳どころか、ただのダイジェストなんだもん。あんなハンパなつなぎ方をするんなら、1からコンテを書き起こすべきだったと思う。ハンパといえば、旧カットと新カットの織り交ぜもちょっとね。時間がなかったのか予算がなかったのかその両方なのかは知らないけど、エイジングなんてただのエクスキューズ。新カットがよかっただけに新しいカットで観たかった。

ピンポイントの不満の1つはアムロとシャアの再会シーンのセリフ変更。
「下がっていろシャア!シャア?」「何をするつもりだアムロ!アムロだと?」ファーストでニュータイプというキーワードにやられてしまったファンには堪らないこのセリフが変更されちゃったのはとても残念。20年経ってもセリフを覚えてるようなファンを納得させるのは大変だろうけど、残り2作に期待するかな。
[PR]
by dlynch | 2006-08-31 23:00 | cinema
<< 機動戦士ZガンダムII -恋人... ヤバいぜっ!デジタル日本 | 高城剛 >>