ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- | 富野由悠季

e0012194_20255034.jpgそして第2部『機動戦士ZガンダムII -恋人たち-』。「恋人たち」というからにはもちろんカミーユとフォウ、アムロとベルトーチカ、あとは誰だ?と思ってたらクワトロとレコアだったのね。ああいう大人なシーンがあると、そのあとのレコアさんの造反にも納得できる。でも、クアトロには(シャアには)、ヘンケンのストレートなアタックを「いいなぁ」とは羨ましがって欲しくないぁ。

Zファンとしてはフォウの扱いが不満。登場したと思ったら、いきなりカミーユといい感じになってて、いつのまにかモビルスーツ戦になって、気づいたらシャトルを飛ばそうと無茶してる。テレビ版でシャトルで帰るシーンが印象に残っているだけに残念。それにそのあとのキリマンジャロをばっさりと省いたのなら、それを補うエピソードが欲しかった。

ま、こういうテレビ版に思い入れの強いファンにはどんな風に新訳しても文句言われちゃうんでしょうね。『星を継ぐ者』でも感じた違和感は本作でも拭い去れず。展開はもちろんのこと、映像も、そして、声優も。他のレビューを見るとフォウとサラの声優の変更に非難が集中してるけど、そうだよね、フォウは島津さんじゃないとね、ってやっぱり思っちゃう。ファアやカツ、アポリでさえも、声優さんが違うとしっくりこない。声優さんといえばブライトさんを演じた鈴置洋孝さんがこの夏に亡くなられたんですね。ご冥福をお祈りします。

さてさて、最終作でもやっぱり文句言っちゃうのかな。
[PR]
by dlynch | 2006-09-02 20:58 | cinema
<< 機動戦士ZガンダムIII -星... 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ... >>