ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

X-MEN | ブライアン・シンガー

e0012194_1918239.jpgMarvel Comicsから映画化されたなかで、ダントツに好きなのがこの『X-MEN』。ちなみにコミックの方は読んだことがありません。

生まれながらに超能力を授かってしまったために、周りから疎まれ、人類から迫害を受けてしまうミュータント。その迫害への対処で真っ向から対立するプロフェッサーXとマグニートー。好きなのはこの構図なんですよね。ヒーローはその超能力ゆえに声援を送られるのが普通なのに、ミュータントたちは超能力を隠すように生きている。彼らにとっては、超能力じゃなくて、異能力なわけで、この苦悩と孤独が悲しい。

人を操る、嵐を起こす、目から光線を出す、他人に化ける。ミュータントによっていろんな能力があって、その能力を駆使して戦うのは男の子的に好きなところ。そして、そのミュータントを演じる役者さんがみんなかっこいい。最近では、上品な役所が多いヒュー・ジャックマンだけど、むせるように男臭いウルバリンこそ、彼のはまり役だと思う。なんといってもかっこいいのはマグニートーのイアン・マッケラン。威風堂々とした立ち姿にしびれる。

『X-MEN ファイナル ディシジョン』の公開が楽しみです。
[PR]
by dlynch | 2006-09-04 19:40 | cinema
<< スーパーマン リターンズ | ... 機動戦士ZガンダムIII -星... >>