ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

フライトプラン | ロベルト・シュヴェンケ

e0012194_031367.jpgおもしろくない訳じゃないけど、おもしろいよって人に勧めるほどでもない。なんだか中途半端な印象が残ってしまった『フライトプラン』ジョディ・フォスターが3年ぶりに出演する映画だから、ってところに期待しすぎちゃったのかも知れない。

これどうやって話を着地させるのか?ナイト・シャマラン的な方向に行くのか?とドキドキできたのはおもしろかったんだけど、後半の謎が解けてからがちょっとねぇ・・。それと、消えてしまった娘を捜すために、他の乗客の迷惑も顧みず、客室乗務員に無理難題を押しつけ、挙げ句の果てにとんでもないことをしでかすカイルに嫌悪感を抱くのはジョディ・フォスターの演技力の為せる技としても、アラブ人へのあの態度はないんじゃないかなぁ。だいたい、そのアラブ人のあの伏線はいったい何だったんだろう?

それにしてもあの2階建ての飛行機はいいですね。バーカウンターはあるし、ファーストクラスのすばらしいことったら。AAUAにも是非導入して欲しいもんです。子連れは必ずチェックするということで。
[PR]
by dlynch | 2006-09-15 00:46 | cinema
<< ALWAYS 三丁目の夕日 |... 離愁 | 多島斗志之 >>