ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

カンフーハッスル

e0012194_2359214.jpgチャウ・シンチーの前作『少林サッカー』が面白かったので、劇場に見に行くつもりが、つい行きそびれてしまった『カンフーハッスル』。これもまた偉大なポップコーン映画です。午後の昼下がりに、空調の効いた部屋でビールをのどを潤しながら、湖池屋ののり塩ポテトチップをぽりぽりするにはこれ以上の映画はありません。

これはもう「ありえねー」のコピーがピッタリ。見事なカンフー+ワイヤーアクション+やりすぎCGの合体技によるトンデモ カンフーアクションを観てるだけで笑えます。ただ、もう少し話を練るか、逆に話をシンプルにして欲しかったかな。ストーリーをとやかく言う映画ではないのだけれど。

観終わったあとに、うちのヨメが火雲邪神役の人はGメン75の香港編に出ていた「ヤンシ」に違いないと力説するので、調べてみたところなんとホントでした。彼はブルース・リャンといって、70年代のカンフースターだったのです。言われてみれば、胸筋の音を立てながら登場する人がいたような気が。

それにしても、30年も前のことを良く覚えてるなぁ、と感心。
[PR]
by dlynch | 2005-08-09 00:01 | cinema
<< オーシャンズ12 アイランド >>