ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

DOMINO | トニー・スコット

e0012194_2321982.jpg『パイレーツ~』キーラ・ナイトレイ『トップガン』トニー・スコットのイメージで、この『DOMINO』を観ると完全に裏切られます。いい意味じゃなくね。

なにしろ揺れまくり、フラッシュバックしまくりのカットがMTVのようにパカパカと切り替わっていくので、落ち着かないったらありゃしない。イントロだけかと思ったら、終始そんなスタイル。スタイリッシュと言えなくもないけど、やり過ぎ凝り過ぎだと思うなぁ。

物語の方も映像と同じようにぶつ切りで前後が入り交じり、いろんな人のいろんな思惑が絡み合い、アクシデントは起こっちゃうし、おまけに保釈金制度がよく分からないので、バウンティ・ハンターが何をする人なのかピンとこず、一度観たくらいではよく分かりません・・。

というわけで全体としては×なんだけど、オープニングタイトルとボーイッシュなキーラ、怪しげなミッキー・ロークの主役二人はよかった。MTVばりの映像もキーラのラブシーンのところだけは効果的。セックスを性的に描きつつも、いやらしくなく、べとべとせず、それこそスタイリッシュでカッコいい。イカレタ感じのクリストファー・ウォーケンもナイス。ところで、ミッキーがときどきブルース・ウィリスに見えたのはおいらだけ?
[PR]
by dlynch | 2007-02-10 23:21 | cinema
<< Vフォー・ヴェンデッタ | ウ... 99%の誘拐 | 岡嶋二人 >>