ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

イルマーレ | イ・ヒョンスン

e0012194_2354122.jpgハリウッドリメークのおかげでオリジナルの『イルマーレ』豪華版DVDが発売されてたので買ってみました。昔レンタルで観たときにほのぼのと感動した覚えがあったんですよね。

ちなみに原題は『시월애』-時越愛。まんまじゃん・・。『イルマーレ』の方がずっといいだと思うんだけどな。ま、それはさておき、原題通りの時を越えたラブロマンスです。この時の越え方が絶妙で、ソンヒョン♂が生きてるのが1998年で、ウンジュ♀が生きてるのが2000年。つまり、逢おうと思えば逢えるズレなわけで、だからこそ交錯するエピソードにうっとりしちゃう。

時を経だたててるだけにコミュニケーションの手段が手紙とポストってのが、これまたいい。便箋に書く、手紙を届ける、手紙を受け取る、開封する。確かに非効率で面倒だけど、気持ちとか言葉を込める力や伝わる力、受け取る力はメールの比じゃないもん。そしてイルマーレ。海辺に、でも砂浜じゃなくハゼが住んでそうな干潟にぽつんと建っている佇まいがいいなぁ。実際に住んだら相当に不便だろうけど、あんな物件があったら住んでみたい。

日本の昔のトレンディドラマ的な妙にオサレな生活やBGMに笑っちゃうけど、小技がちょこちょこ効いてて、映像が淡くてきれいで、ハートウォーミングで、ちょっぴり切ないステキなお話です。誰よりも切ないのは、駅で、男とラブラブのウンジュ(ソンヒョンを知るのは2年後)を見つめるソンヒョン(ウンジュと時空を越えた文通中)。ウンジュ役のチョン・ジヒョンはときどきハッとするほどかわいい。

このアジア的な抑えた映画がハリウッドでどんな風にリメークされるんだろう?
[PR]
by dlynch | 2007-03-03 23:54 | cinema
<< マインドハンター | レニー・... 梅 | GR Digital >>