ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

CRIMSON | 中森明菜

e0012194_2375882.jpg竹内まりやの新譜『Denim』のボーナスディスクに収録されている「約束」を聞きながら、中森明菜『CRIMSON』を想い出してました。後に竹内まりやが「駅」や「OH NO,HO YES!」をセルフカバーした名盤です。

最初が、クラクションやエンジン音、雑踏のざわめきで始まる「MIND GAME」。そのあとがかの名曲「駅」で、続いて「約束」。「ピンク・シャンパン」「OH NO,HO YES!」「エキゾティカ」「モザイクの城」「JEALOUS CANDLE」「赤いエナメル」と来て、最後の「ミックジャガーに微笑みを」では、前曲の「赤のエナメル」の鼻歌がモノラルで流れてきて、タイプライターを打つ音やコーヒー(きっとコーヒー)をすする音、煙草を吸い込んだときに火種が燃える音がSEで混じりながら、最後にステレオで「ミックジャガーに微笑みを」が流れてくる。この一連の流れがとても好きで、シングルの集合体ではない、アルバムとしての価値を知ったのは、この作品が最初だったかも。

もう一つ気に入ってたのが、全体に漂う気怠さ。恋に疲れた大人の女性が(この頃で言うと小林麻美のような)、厳寒のニューヨークで暖炉にあたりながらブランデ片手に昔を想い出しちゃうようなそんな感じ?と思ったら、ほとんどが不倫の歌だ。
[PR]
by dlynch | 2007-05-29 23:07 | music
<< スパイダーマン3 | サム・ライミ 山中湖ロードレース 今年はハー... >>