ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

DEATH NOTE the Last name | 金子修介

e0012194_034899.jpg情けない端役に対して、存在感を放っていたのが主役の藤原竜也と松山ケンイチ、それと準主役の戸田恵梨香ちゃん。

後編の『DEATH NOTE the Last name』は、月とLの対決が見所なだけに、藤原竜也の冷徹なキラと松山ケンイチのエキセントリックなLの静かな衝突が見応えあります。藤原竜也が巧いのは周知のこととして、松山ケンイチのキレっぷりがいい。『セクシーボイスアンドロボ』のロボと同一人物とは思えない。欲をいえば、もう少しLの天才ぶりが窺えるエピソードが欲しかったかな。この二人に負けず劣らずよかったのがゴスロリが微妙に似合わない戸田恵梨香ちゃん。月を盲目的に慕うキャラが健気。

ラストの幕引きもきれいに収まっていたからこそ惜しいのが、1年後のエピソード。月が月として貫いた自分なりの正義。その正義を認めなかった人物が自分に言い聞かせるように放った台詞にはなんかしっくり来ないんだけどな。
[PR]
by dlynch | 2007-07-10 00:03 | cinema
<< くればいいのに feat.草野... DEATH NOTE | 金子修介 >>