ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

トリスタンとイゾルデ | ケビン・レイノルズ

e0012194_23182281.jpgかの『ロミオとジュリエット』のモデルとなったという『トリスタンとイゾルデ』。東ローマ帝国が滅んだ直後のイングランドの王子とアイルランドの王女の古典的な悲恋の物語。

イゾルテはもっと線の細い可憐な女性の方がよかったんじゃない?という極めて個人的な好みを別にすれば、取り立ててケチをつけるところのないオーソドックスな、あまりにもオーソドックスな話の運び。驚かせたり、興奮させてくれなくてもいいけど、せめて泣かせてほしかった。

女性だったらジェームズ・フランコのきれいな顔立ちを堪能できる楽しみがあるかも。彼は『スパイダーマン』でも苦しみを抑えた切ない表情してたから、いつかコメディをやって欲しいね。
[PR]
by dlynch | 2007-09-10 23:25 | cinema
<< 動機 | 横山 秀夫 ラッキーナンバー7 | ポール... >>