ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

どろろ | 塩田明彦

e0012194_172026.jpgたぶんつまんないだろうなと思いながらも、とりあえず話題作だからと観てしまう悪い癖。いつかはいい作品に出会うはずだという淡い期待感。そんなわけで、過去の失敗は忘れて『どろろ』を観てみたんだけど・・。

何がひどいってなによりCG。百鬼丸が戦う魔物たちのチープさといったら、テレビの特撮番組レベル。製作予算の桁が違うから、ハリウッドの超絶VFXと較べてはいけないのは分かるんだけど、観客としては同じ料金を払ってみるわけだし、もうちょっと何とかならなかったのかなぁ。アクションはいかにもワイヤーアクションだし、迫力は全然ないし、絵的にはもうさんざん。ムリに実写にするより、アニメーションでやって欲しかった。

主役の二人もいまひとつで、とくに柴咲コウが演じたどろろが妙に浮き足立ってたような感じがするんだけど、原作でもあんなキャラクターなんでしょうか?中井喜一や原田美枝子さんが巧いのは当たり前として、劇団ひとりが役者としてなかなかよかったのだけが救い。

どうやら続編につなぐようだけど、こんなレベルの作品を連発していていいのか?邦画。
[PR]
by dlynch | 2007-11-08 23:07 | cinema
<< 半島を出よ(上) | 村上龍 ゴーストライダー | マーク・... >>