ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI | ジャック・バウワー

e0012194_2329678.jpgテレビドラマといえば『水戸黄門』『必殺仕事人』のうちのオヤジが見てるくらいだから、『24』もすっかり日本での市民権を得たみたい。

最初はまだ10枚もあるねなんていってた『シーズンVI』も見始めてしまえばあっという間。ジェットコースターのような展開は健在です。このシリーズのよかったところは、CTU内の裏切りや内通者がいなかったことかな。その代わりに挿し込まれた、危機感のまるでない痴話話はいらなかったように思うんだけど。

カッコよかったのは大人なビルと切れ者のトム、笑えたのはマイロの小者っぷり。ファンになったのはクールビューティながらもどこか初々しげなナディアちゃん。ジャックは相変わらずだけど、暴力性が少し影を潜めて、苦悩の姿を見せてくれます。国の正義と自分の正義。どちらかを選ばなきゃいけないのは、そりゃ辛いよ。

マンネリ化してきたとはいえ、毎回毎回よく練られた脚本には脱帽。『24 -TWENTY FOUR-』を観てきた人は必見。観たことのない方はシーズン1からぜひ。
[PR]
by dlynch | 2008-01-12 23:29 | teevee
<< フォーン・ブース | ジョエル... 見えないドアと鶴の空 | 白石 一文 >>