ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

チーム・バチスタの栄光(下) | 海堂 尊

e0012194_20574496.jpg下巻に入ってすぐ、厚生労働省から派遣された調査官という触れ込みで白鳥という新キャラが登場しますが、阿部ちゃんはこちらでした。作品内でロジカルモンスターというあだ名が与えられているとおりの奇人変人で、『空中ブランコ』の伊良部を攻撃的にした感じ。『TRICK』の上田次郎ともかぶります。

この白鳥が出てきてからは、さらに話が漫画的に展開するので、気軽に笑いながらミステリーを楽しめるという点では評価するんだけど、個人的は底が浅い感じがしてしまう。謎解きも動機も「ああなるほどふーん」とさして驚くこともなく、最後も漫画的な大円団だし。田口先生の名前の由来の聞き取りには事件と結びつくひねりが欲しかったな。

でも、旅行に携えて行くにはピッタリの小説。白鳥の快刀乱麻な取り調べやもったいつけたセリフ回しのおもしろさには移動時間を忘れます。誰かに『チーム・バチスタの栄光』って面白い?って聞かれたら間違いなくオモシロイとお答えします。
[PR]
by dlynch | 2008-03-22 20:57 | book
<< ライラの冒険 | クリス・ワイツ チーム・バチスタの栄光(上) ... >>