ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

ライラの冒険 | クリス・ワイツ

e0012194_21523856.jpgおシゴトの関係で前売りを頂いたので、話題の『ライラの冒険』を観てみました。向かった先は去年新宿にできたシネコン「新宿バルト9」。高級感があって、スクリーンが大きくて、音響がよくて、なかなかよい劇場です。もう、前列の頭が気になるような古い映画館には行けないな。

で、肝心なライラなんだけど・・・つまらない。正確に言えばお話が何が何だか分からなくて楽しめない。誰が何をしようとしているのか?誰と誰がなぜ対立しているのか?が分からないので、登場人物の立ち位置がよく分からない。その上に、ダイモンやらダストやらよく分からないキーワードがいっぱい。原作を読まないまでも、Webであらすじを掴んでから出かけた方がいいかも。

それとライラちゃん。演じたダコタ・ブルー・リチャーズちゃんはなかなかの好演だったけど、あの演出はいかがなもんかね?ただの気の強い無鉄砲。考えなしにどんどん突き進んで、ラッキーな手助けに助けられることの繰り返し。個人的には、ニコール・キッドマンが老けてしまったのにはちょっとショック。

見所は総製作費250億円といわれるVFXかな。これは確かにすごい。飛行船を初めとする架空の乗り物のリアル感が実在してるようだし、わらわらと登場するダイモンたちは生きてるようにしか見えない。イオレクなんてどう見てもホンモノのくま。そのイオレクの王座を巡る戦いも迫力満点ですごかった。

ちなみにオフィシャルサイトではダイモン占いができます。私のダイモンは「ダイモンの全人口1,139,920中のユキヒョウ91,746の一つDelila」
[PR]
by dlynch | 2008-03-23 01:39 | cinema
<< 不自由な心 | 白石 一文 チーム・バチスタの栄光(下) ... >>