ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

プレステージ | クリストファー・ノーラン

e0012194_0485320.jpgそーいや、ヒュー・ジャックマンが主演してたマジシャンの話だよなという程度の予備知識で『プレステージ』を借りてみたらば、ライバルはクリスチャン・ベイルだし、アシスタントはスカーレット・ヨハンソンだし、おまけにデヴィッド・ボウイさまは出てくるし(最後の最後まで違う人だと思ってました。年とっちゃったなぁ・・)、監督はクリストファー・ノーランだしと何気に豪華な布陣だったにも関わらず今ひとつ消化不良な映画。

面白くなくはないのだけど、物語の核になっているアンジャーとボーデンの確執が今ひとつよく分からないこと(ボーデンの意図はどこにあったのだろう?)とボーデンのトリックがやっぱりそれだったの?という肩すかしが消化不良を感じさせる元凶。なんとも中途半端。そして、あのテスラ・ニコラ発明の機械。もはやトリックじゃない。あれは反則技でしょう。せっかくのスカーレット・ヨハンソンも魅力に欠けるし、俳優陣も今ひとつ。

なりふり構わず剥き出しの感情をぶつけて、泥沼でもがきあう男同士の醜い争いが人間を感じられて、そこは面白かったところです。それにしてもヒュー・ジャックマンはシルクハットが似合いますなぁ。同い年とはとても思えません。
[PR]
by dlynch | 2008-05-07 23:48 | cinema
<< 犯人に告ぐ | 瀧本 智行 バイオハザードIII | ラッ... >>