ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

第28回 山中湖ロードレース

[5:10]起床。[6:00]小雨の都内を出発。談合坂で晴れ間がのぞく。[7:35]東富士五湖道路の山中湖ICに到着。ここで渋滞。スタートまで1時間半あるから大丈夫だろう。再び雨。[8:00]なかなか動かず焦り始める。[8:25]なんとかICを通過して、交通規制の滑り込みセーフで湖畔のR138へ。[8:45]山中湖役場を過ぎたところにある無料駐車場の空きスペースに止めさせてもらう。オヂサンありがと![9:00]会場の山中湖中学校でエントリをして、手荷物を預ける。スタートまで15分しかない!慌ててストレッチ。[9:10]スタート地点に向かって小走り。途中、ショートカットしようとして水溜まりに突っ込む。スニーカーが水浸し。[9:15]気持ちが整わないままスタート。

・・とまあ、こんなに慌ただしく、三回目の山中湖ロードレースは始まりました。河口湖に泊まった元同僚によると7:00には山中湖ICは渋滞してたそう。雨は相変わらずしとしと降っていて、一昨年とほとんど同じコンディション。今年の目標は一に完走、二に2時間切ること。さて、どうなったでしょう?ここからはラップ中継で。

[5'28]21.0975kmを120分ってことは、だいたい6分/km切ればいいやとアバウトな目標で走り始める。[5'26]なかなかいいペース。でも、足取りがいつもより重い気がする。やっぱり、ストレッチが足りなかったかとちょっと不安。[10'41]3km地点を見逃す。自分だけに向けられていないと知っていても、沿道の応援はやっぱり嬉しい。[16'29]5-6km時点を見逃す。6*3=18だから、まっいいかと納得。[5'51]快調。雲間に富士山が見える。湖を左手に走るもっとも好きな箇所。[11'10]9km地点を見逃す。上り坂きつい。[5'37]一転、下り坂。でも、ペースを上げない。[5'25]こんなにたくさんの人がいるのに、聞こえるのは吐息と靴音だけ。これが好きなんだよなぁ。[5'39]あれ?膝が痛いぞ。[5'41]今度はふくらはぎが・・。[5'41]去年と同じく、心肺はOKなのに、下半身が重い。でも、去年はもっと早く痛くなってたはず。[5'38]まだまだ大丈夫。[5'46]まだ大丈夫。[6'12]周りを見渡したり、景色を楽しむ余裕がなくなる。「歩かない勝つ歩かない勝つ」と言い聞かせる。ついに6分台。[18'38]やっと折り返し地点を通過。でも、18-19km時点を見逃す。6*3=18だから、6分以上のペースか・・と計算するのがやっと。歩かない勝つ歩かない勝つ・・[6'13]ついに21km地点を通過。最後の上り坂が猛烈にきつい。['41]遂にゴール!手元の時計は2:00:43。
e0012194_23184526.jpg
コースマップを見ながら記憶をたぐり寄せてるので、正確じゃないかも知れないけど、走ってる最中の思考はこんな感じです。15kmくらいから先はもうど根性。「(今年は)歩かない(去年に)勝つ」と唱えながら気付いたのは、勝とうとする相手が他人じゃなくて自分になってること。これが歳を重ねることなんだと、マラソンしながら、一歩大人になりました(笑)。2時間は切れなかったけど、完走できたからいいやと充足を感じてるのは、そういうことなんだろうな。

帰りは元同僚たちと河口湖近くの温泉で休憩。雨上がりの富士山は雄大でした。
e0012194_23415871.jpg


#完走証によると1632位/2773人中 ゴールタイム 2:02:24 ネットタイム2:00:56 気象条件 晴れ16℃ 湿度92%
[PR]
by dlynch | 2008-05-26 22:18 | sports
<< 続・氷点 | 三浦 綾子 Nike+ SportBand... >>