ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 | 庵野 秀明

e0012194_23574627.jpgテレビ版の『新世紀エヴァンゲリオン』を初めて観たのはつい最近のことで、一度見たくらいではその難解なプロットを理解できるわけもなく、また、そういう小難しいストーリーに興奮するほど若くもなかったので、絵的な書き込みの細かさとリアリティ(ロボットが有線ケーブルで電源供給されているという設定には感銘。エヴァをロボットって言ったらファンに怒られるかもしれないけど・・)、内省的なキャラクターが繰り広げる人間模様を除けば、さしたる思い入れがあるわけではないんだけど、絵や物語りが再構築され、やけに評判もいいみたいなので『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観てみました。

で、リニューアルという意味で『機動戦士Zガンダム』と較べてみると、明らかにこっちの方が勝ってる。フィルムの特性を活かした絵作り(初号機の緑カッコよかった)、VFXの使い方(とくにヤシマ作戦ね。第3新東京市もナイス)、なによりも単なるダイジェスト版でないところが好感度大。

とはいえ、テレビ版との使徒の違いを指摘されてもよく分からない程度の前知識しか持ち合わせてないので、セリフまで覚えてるガンダムとの比較はフェアじゃないかな。でも、言い方を変えれば、これが初めてのエヴァな人にも楽しめるってことかも。続編の『破』が楽しみです。
[PR]
by dlynch | 2008-06-06 23:57 | cinema
<< 300 | ザック・スナイダー さまよう刃 | 東野 圭吾 >>