ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

フラガール | 李相日

e0012194_0294973.jpg海外出張が辛いのは、いない間にシゴトが溜まってしまうところで、おかげで戻ってきてからは涙目になってました。そんなわけでやっと出張中のブログを更新。お題は行きの飛行機で涙ぐんでいた『フラガール』です。

はっきり言ってベタなストーリーです。ほい泣くシーンが来ましたよという演出がないわけでもない。それでも嫌みな感じがせずにうっかりウルウルしてしまうのは、蒼井優ちゃんと松雪さんの存在感かな。

この映画の最大の見どころは最後のダンスシーンではなくて、紀美子のソロパートの練習シーンだと思う。ただの田舎の女学生だった紀美ちゃんが、夢を見つけて、その夢に向かって努力して、夢に手が届きそうで、そんな成長の成果が凛としたあのダンスに込められていて、余計な会話も音楽なくて、とってもよいシーン。何度も見返しちゃった。

松雪さんはスクリーンに大写しになるとさすがに年齢を感じずにはいられないんだけど、きれいであることには変わりない。あのきれいさはどこから滲んでくるんだろう。前半に見せるソロパートも蒼井優ちゃんとは違う大人な雰囲気が漂っていて、女優さんってばすごい人種です。
[PR]
by dlynch | 2008-07-31 00:13 | cinema
<< 国境の南、太陽の西 | 村上 春樹 シュリ | カン・ジェギュ >>