ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

クローズド・ノート | 雫井 脩介

e0012194_23493296.jpgエリカ様の「別に」発言で日本中を騒然とさせたのが懐かしいですね。女優の発言としていかがなものかと思うものの、ああいう場でああいう態度がとれる度胸はすごいね。だって、あれをやれっていわれてもできないでょ?フツウ。

そんなわけで『クローズド・ノート』。原作の方です。雫井脩介さんといえば、巧みな心理描写が冴えるミステリー作家という認識だったけど、こちらは真正面から取り組んだ恋愛小説。プロットをちょっと古めに、文体や会話をかなり軽めにしてるのは意図的なんだろうか?今どきこんな素朴な女子大生がいるのかなぁという疑問から始まり、なにやらそこだけ浮いている万年筆の説明、えっ?そういう理屈なの?という肩すかし気味なギミック、こっちが赤面しちゃう香恵ちゃんの挨拶などいろんなところに違和感を感じて、正直なところ今ひとつな印象でした。

ほのぼのとした、ハートフルな恋愛小説であることには異論はないんだけど、どうにも入り込めなかったのは、これって心が汚れてしまっているからなのかなぁ。もっとピュアな心根で素直に読んだら感動できるんだろうか・・。
[PR]
by dlynch | 2008-08-03 23:57 | book
<< ドラゴン・キングダム | ロブ... インディー・ジョーンズ クリス... >>