ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

本は10冊同時に読め! | 成毛 眞

e0012194_065751.jpgちなみに著者の成毛さんは今の勤務先の元社長。かぶったことはないけど、元社長がどんなことを書いてるんだろうと興味を持って、『本は10冊同時に読め!』を手に取ってみました。1回のランチで読めちゃうくらいの文量です。

彼が勧めている超並列読書術って、いまビジネス書でベストセラーの勝間さんの読書の仕方と似てますね。ベットサイドとかトイレとか、すき間の時間ができそうなところに本を配しておいて、平行して読み進める。ジャンルはバラバラ。「短い時間にその本の趣旨や世界観をつかもうとするので集中して読める」と説いてるんだけどホントにそうかなぁ。1冊の本に集中しないと趣旨や世界観は掴めないと思うんだけど。

行列のこととか、お金で時間を買うこととか、本に関係のないところでは共感できるところがあったものの、肝心の本に対する姿勢は、情報を得ておかないと庶民で終わっちゃうよ、成功者にはなれないよという浅ましくて貧しい発想から来ていることが分かった時点でがっかりしてしまいました。彼が言うところの「本」とはノンフィクションのことで、「ほとんどの文学作品は読む価値がないと思っている」そうです。そういう感受性に欠ける人な訳です。

論理的な破綻も多く、ハウツー本を貶しておきながら見事にハウツー本になっている矛盾、それだけの読書量にも関わらず、知性も品位も感じられない文体。もうがっかり。マキャベリをまんま実践するような社長の下で働くのはやだなぁ。
[PR]
by dlynch | 2008-08-30 23:06 | book
<< ダークナイト | クリストファ... ウランバーナの森 | 奥田 英朗 >>