ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

ラストゲーム 最後の早慶戦 | 神山 征二郎

e0012194_23374473.jpgいいところがまるでなかった『フライング☆ラビッツ』に対して、不覚にも涙してしまった『ラストゲーム 最後の早慶戦』。こういう映画を観て、泣いてしまうのは、歳をとってしまったということなんだろうか?

話はとてもベタです。ポスターのコピーだけでどんな展開になるのか想像がつくくらいオーソドックス。でもね、それでも、学生時代にラグビーをやっていたせいか、スポーツにおける試合の大切さってよく分かるし、ましてや早慶戦となれば、そこの学生となれば、試合に賭ける思いが違うはず。ましてや、もう間もなく出陣しなければならない、生きて帰れる保証はなく、生きて帰ってくると口にすることもできない。そんな状況下で、せめて子供たちに試合をやらせてあげたいっていう監督や父親や母親や兄や妹や合宿所の女中さんの気持ちを考えると涙が出てしまうわけですよ。そして、最後の応援エール。あれもベタな演出だけど、やられました。ぐすん。

俳優陣もすばらしくて、学長や監督、両親のベテラン勢はもちろん、野球部員たちが抜群によかった。とくによかった渡辺大は渡辺謙の、柄本佑は柄本明の息子なのね。ひさしぶりによかった邦画でした。
[PR]
by dlynch | 2008-11-17 23:37 | cinema
<< 天使のナイフ | 薬丸 岳 フライング☆ラビッツ | 瀬々 敬久 >>