ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

レッドクリフ Part I | ジョン・ウー

e0012194_2315273.jpg最初に『レッドクリフ』の存在を知ったときは、赤い崖赤い崖・・赤壁の戦い?と英単語をそのまま持ってくる日本の配給会社の浅はかさにがっくりきましたが、大スクリーンで見てきて考えが改まりました。これは三国志の名を借りたアクション超大作。むしろ三国志のことを知らない方が楽しめるんじゃないかな。

とにかく戦闘シーンの迫力がすごい。これぞアクション映画の醍醐味。この映画に興味があるなら、DVDのリリースを待たず、劇場に足を運ぶべき。とくに超雲と関羽の超人的な戦いっぷりが(HEROほどスーパーではない)手に汗握ります。

歴史物として好感が持てたのは、物語がシンプルなところ。強大な軍事力を誇り、さらにその勢力を拡大しようとする曹操 vs 民草を大切にする劉備と悩める若き君主・孫権の連合軍を軸に、三国志の人気者である孔明と周瑜を主人公に据えて、ロマンスは周瑜と小喬だけという潔さがすばらしい。

俳優がまたすばらしくて中村獅童はなかなかの好演。劉備、関羽、張飛、超雲はまさにイメージ通り。トニー・レオンの周瑜と金城武の孔明は良い意味でイメージを裏切ってくれました。小喬・・艶っぽくてドキドキ(絶世の美女というイメージとはちょっと違うけど)。

三国志ファンには物足りなさやイメージのとの乖離があるかも知れないけど、映画でも観てスカッとしたいなぁなんて方にはお奨めです。
[PR]
by dlynch | 2008-11-24 23:36 | cinema
<< そうだ 京都、行こう。 | 嵐山編 スティーブ・ジョブズ 神の交渉... >>