ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

誘拐症候群

e0012194_22221674.gifあっというまに『誘拐症候群』 を読破。

『失踪症候群』よりも、よりエンターテイメント性が高まってます。ちょっと2時間ドラマっぽいかな。そこがこのシリーズのいいところでもあるけど。

5年以上前に書かれた小説なのに、ネットで安易に情報を公開することの危険性を旨く取り上げているなと、IT業界にいる身としては感心してしまいました。

ジーニアスを追い込むためにとった環の作戦は、本文中にもそのやりとりがあるように武藤の怒りを買う(=高梨に移入している読者的には気分よくない)んだけど、環の描き方に見事にあった策でもあるので、むかつきながらも納得。最後の締めくくり方が、貫井さんらしいというか、いいですね。こういう終わり方。あと、前半に出ている後藤のお兄さんの伏線、こういう小さな演出好きです。

さあ、いよいよ『殺人症候群』。もう、1/3くらい読んじゃった。
[PR]
by dlynch | 2005-09-17 22:24 | book
<< 殺人症候群 失踪症候群 >>