ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

2008年 01月 27日 ( 1 )

アイ・アム・レジェンド | フランシス・ローレンス

e0012194_23294397.jpg久しぶりに劇場で観たのが『アイ・アム・レジェンド』。大スクリーンで観てよかったと思えるすばらしいできばえでした。

すごかったのがVFX。CGというと光線とか宇宙とか恐竜とかを、つい思い浮かべちゃうけど、人っ子一人いないジャングルと化してるNYをあそこまでリアルに見せるなんてさすがハリウッド。リアルといえば、DVDを見るためにわざわざレンタル屋に行ったり、そこにマネキンを置いて話しかけてみたりという演出は、地球上にただ一人取り残された孤独感がひしひしと伝わってきてリアル。やっと出会えた母子にしても、お互いに警戒心を解かず、ハリウッドらしい恋愛にいかなかったのもよかった。

そして、なんといってもよかったのがシェパードのサム。彼女(サマンサちゃんだからね)の理想的な忠犬ぶりといったらそれはもう。ロバートと一緒にいる理由もちゃんと描かれているし、ときどきコミカルだし、ホラー的な内容にあって和ましてくれました。もっとも、あの展開は予想できたんだけど、フィクションとはいえわんこを飼ってる身としては直視できないねぇ・・。

ところで、この映画って『I am Legend』じゃなくて『He is Legend』じゃないのだろうか?原作とはロバートの描き方が違うのかな。
[PR]
by dlynch | 2008-01-27 23:30 | cinema