ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

カテゴリ:teevee( 22 )

CHANGE | フジテレビ

e0012194_22424111.jpg今更ながら前クールで放映されていた『CHANGE』を観ました。『ごくせん』に初回の視聴率で負けたとか、キムタクの視聴率神話が崩れたとか、ドラマの本筋とは関係のないところで騒がしかったようですが、見終わってみれば、いかにもフジのドラマらしい展開で楽しかったデス。

誰もがこうあって欲しいと願う、でも、現実的には絶対にいない、真っ直ぐで情熱的で勉強家で行動力があって交渉ができて偉ぶらない、そして、なによりも若くて清々しい政治家をたとえフィクションの世界でも(フィクションだからこそか)観られることが楽しかった。しかも、あの顔立ちだからね。あれこそHEROです。

訝しげる官僚や対立する政治家を、直球勝負で味方につけていく様は、ファンタジーでいうところの魔法。逆に言うと、35歳の一年生議員が首相になるなんてあり得ないとか、そんな簡単に官僚が折れるわけがないとか、そんなしたり顔の真っ当な突っ込みが抜けない方はどうやっても楽しめません。あほらしの一言で終わっちゃうだろうな。

キムタクはいつものキムタク、阿部寛もいつものあべちゃん。この2人はずっとこれで通してるからある意味えらいかも。寺尾聰の悪ものっぷりとさすが元参議院議員の中村敦夫の引き際もよかった。でも、ここは深津絵里だな。彼女は歳をとるごとにどんどんよくなるよね。あと、忘れちゃいけないのが往年のマドンナ戻ってきたmiles away。一時ジョギングの定番でした。

#そうそう、一番印象に残っているシーンは朝倉総理がアメリカ通商代表に対して「とことん話し合うことが大事だ。そうすればお互いに違うんだと気づくことができる。それが交渉のスタートだ」と述べたところ。隣で郡司さんが「分かり合える?」とちゃちゃを入れたように、もしここで「分かり合える」という結論に持って行ったらがっかりだっただけにあの一言はよかった。
[PR]
by dlynch | 2008-08-10 15:00 | teevee

HEROES | ティム・クリング

e0012194_1942674.jpgこのブログにたびたび登場するYくんによると『HEROES』は「サイボーグ009」だそうです。確かに。「X-MEN」や「ワンピース」を例に挙げるまでもなく、それぞれに特殊能力をもった人物たちが力を合わせて巨大な悪に立ち向かう、というストーリーはこれまでに古今東西で使われたモチーフにも関わらず、それでもなぜ『HEROES』がおもしろいかというと、世界を救うという、シンプルな目標のもと、能力者たちの人間ドラマが丁寧かつスピーディに描かれていて、余計な恋愛ドラマがあまりなくて、謎や伏線もばっちりというところかな。この2週間ほどすっかりはまってしまいました。

最後まで違和感の残った日本関連の設定(剣をつるぎと読んでみたり、ヤマガト工業だったり、剣聖武蔵?)とアンドウくん(AndoはFirst Nameだそう)のブロークンな日本語は横に置いておいて、ピーターとネイサンの兄弟関係、ピーター・シモーヌ・アイザックの三角関係、いらいらするマット・ジャニス夫妻、ニキ・DL・マイカの家族(マイカが愛嬌+聡明ですばらしく、ニキ役の女優さんの演技が見事)、そして、謎のベネット家。ここにヒロとチャリー、クレアとザックの小話なんかが絡んできてヒューマンドラマとしてまず楽しめます。さらに謎のハイチ人、謎のリンダーマン、何よりも謎のノアの正体がそれぞれ明らかになっていくのも楽しい。サイラーもいい感じで怖いしね。

自分が能力者になれるとしたら、マットだけはやだなぁ。ピーターとサイラーは反則として、やっぱりヒロかな。クロードもいいね。
[PR]
by dlynch | 2008-07-14 19:09 | teevee

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI | ジャック・バウワー

e0012194_2329678.jpgテレビドラマといえば『水戸黄門』『必殺仕事人』のうちのオヤジが見てるくらいだから、『24』もすっかり日本での市民権を得たみたい。

最初はまだ10枚もあるねなんていってた『シーズンVI』も見始めてしまえばあっという間。ジェットコースターのような展開は健在です。このシリーズのよかったところは、CTU内の裏切りや内通者がいなかったことかな。その代わりに挿し込まれた、危機感のまるでない痴話話はいらなかったように思うんだけど。

カッコよかったのは大人なビルと切れ者のトム、笑えたのはマイロの小者っぷり。ファンになったのはクールビューティながらもどこか初々しげなナディアちゃん。ジャックは相変わらずだけど、暴力性が少し影を潜めて、苦悩の姿を見せてくれます。国の正義と自分の正義。どちらかを選ばなきゃいけないのは、そりゃ辛いよ。

マンネリ化してきたとはいえ、毎回毎回よく練られた脚本には脱帽。『24 -TWENTY FOUR-』を観てきた人は必見。観たことのない方はシーズン1からぜひ。
[PR]
by dlynch | 2008-01-12 23:29 | teevee

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI | ジャック・バウワー

e0012194_23514017.jpgここのところ『LOST シーズン3 』『風林火山』を平行で観てて、さらに『カンブリア宮殿』があるので、映画がちっとも観られません。そんなところへ『24 -TWENTY FOUR- シーズンVI』がリリースされちゃったもんだからもう大変。Amazonから届くなり、いきなり見始めてしまいました。

まだ4話までしか見てないけど、ジャックの味付けが変わってきた。これまで祖国を外敵から守る、そのためにはいかなる犠牲も問わないという信念を貫いてきた彼ですが、幾多の裏切りに遭い、死線をくぐり抜け、そして、中国での拷問に耐えきったことが、鉄のようなジャックの正義にも人間的な弱さが。カーティスとの一件のあとの彼の姿といったら・・。

さて、残すところ20時間。この後の展開はどうなることやら。
[PR]
by dlynch | 2007-12-12 23:51 | teevee

LOST シーズン3 | J.J.エイブラムス

e0012194_029411.jpgシーズン1では島に不時着した乗客たちのサバイバル、シーズン2では忍び寄るothersの影、そして『シーズン3』では、そのothersとの戦い。

これが主軸となって、登場人物の過去や島の謎が絡んでくるわけだけど、シーズン3になっても謎は深まるばかり。othersが何者であるとか、ダーマってなんだとか、なぜ墜落した人々に接触するのかとか、何となく明らかにされた事項はあるんだけど、肝心の島と墜落の謎がね・・。ヴォ~ンって咆哮をあげながら襲ってくる黒い霧みたいなのの謎もそのまま。そして、最後のジャックとケイト。あれって、そういうことだよね?

ジャックとケイトといえば、ここにソーヤとジュリエットが加わった4画関係、冴えない下っ端だと思っていたベンの存在感、ハーリーのいいやつぶりあたりが、シーズン3の見所かな。リーダーシップを発揮していたジャックの苦悩も見所の一つ。でも、ヨメ曰く「ジャックはすぐにテンパるから嫌い」だそう。

それではシーズン4までナマステ(ぺこり)。
[PR]
by dlynch | 2007-11-30 23:29 | teevee

風林火山 | NHK

e0012194_23572153.jpg最初に観た大河は『草燃える』だったかな。ボクの中で北条政子=岩下志麻なのはこの時のトラウマ。ほかに印象に残ってるのは、「梵天丸もかくありたい」の名台詞を残した『独眼竜政宗』、柴田恭兵の謙信が新鮮だった『武田信玄』、幕末に興味を持つきっかけになった『翔ぶが如く』、意外に緒形直人の信長役がしっくりきてた『信長 KING OF ZIPANGU』、ある意味斬新だった『新選組!』。NHKの受信料は大河のために払ってます(きっぱり)。

そしてただいま放送中の『風林火山』。これ、もしかするとマイベスト大河になるかも。それくらい気に入ってます。

なにがいいってまず役者。謙信役のGacktを除くと、地味な配役というか、パンチに欠けるというか、そもそも主役からしてテレビ露出がさほどない内野聖陽だし、アイドル系は一人もいないし、少なくともキャスティングで観てみようかという気は起きないんだけど、演技力で選ぶとこうなるというよい見本でした。ミーハーな自分に反省。内野:勘助は言うに及ばず、いやぁーな感じの仲代:信虎、そして、晴信役の市川亀治郎の存在感、みんな誉めたい。

史実と脚色をほどよくブレンドした脚本もすばらしくて、『新選組!』のときのような浮ついた感じもなく、質実剛健なこれぞ大河ドラマ! 第11話の「信虎追放」はよかったぁ。まだ1/3だけど、この先の勘助は?武田は?歴史を知ってはいても楽しみです。
[PR]
by dlynch | 2007-04-08 00:27 | teevee

LOST シーズン2 | J.J.エイブラムス

e0012194_0275624.jpgすでに見終わった人々から、シーズン2でも謎は解けないと聞いていたので、さほどショックを受けることはなかったんだけど、それでも『LOST シーズン2』の第49話「破滅の刻」を見終えたときは、はぁ~と二人で脱力・・。

ジャックは?ソーヤーは?ケイトは?マイケルとウォルトは?ロックは?エコーは?ジンとサンとサイードは?謎だらけです。おまけに終盤に来てデズモンドのエピソードがさらなる謎を呼んでるし。ハッチの中のあれをああするとああいうことが起こるらしいということだけが唯一解けた謎かな。頼むからこれは誰かの夢でしたってオチだけは勘弁して欲しい。

ところで、ヴォ~ンって咆哮をあげながら襲ってくる黒い霧みたいなのはどうなっちゃったんだろう?シーズン2ではほとんど出てこなかった気がする。

それではシーズン3までナマステ(ぺこり)。
[PR]
by dlynch | 2007-03-23 00:47 | teevee

LOST | J.J.エイブラムス

e0012194_23555317.jpgAXN『LOST シーズン2』の放送が始まるというので、慌ててスゴ録に貯まっていたシーズン1を見終えました。散りばめられた謎が明かされるどころか、土壇場でさらなる謎を残してepisode25が終了。なんて殺生な・・。

『LOST』の面白いところは、訳のわからない謎だらけの島を舞台に、いつ来るとも分からない救援を待つという特殊な状況下で何かハプニングが起きたときに、ヒトはどう行動するか?ヒトは追いつめられたときにどう出るか?ヒトは誰を信頼するか?そういう人間の根源が描かれるところ。その描写を補足する意味で、キャストの過去のエピソードが少しずつ明らかになっていくところは、連ドラとしてホントよくできてる。各人のエピソードの絡みもね。

これからさっそく『LOST シーズン2』を観るつもりなんだけど、AXNのサイトを覗いたら「シーズン3 5月プレミア放送決定!」って、じゃあシーズン2でも、すべての謎が明らかにならないんだろうなぁ。なんか『ツイン・ピークス』を思い出したぞ。
[PR]
by dlynch | 2007-01-07 23:56 | teevee

24 -TWENTY FOUR- シーズンV | ジョン・カサー

e0012194_1558140.jpg『24 シーズンV』は去年のうちに見終えていたわけですが・・すごい!すごくおもしろい!!おもしろい以外の形容詞が見つからない自分がもどかしいくらいオモシロイ。

何がおもしろいってそのスピーディで意外な展開。ここまで思い切りよく、重要な人物や渋い脇役が途中退場するドラマってないと思う。視聴者の意見を反映しながら製作していく韓国ドラマの対極。それに今回は不覚にも泣いてしまいました。リンと一緒にいた警備員のあの電話・・あれは反則だよ。

おもしろさのもう一つはジャックの行動力。見境なく飛び出していく印象が強いけど、CTU七つ道具は忘れないし、銃火器やヘリだけでなく、ITグッズも使いこなせる。腕っ節と度胸の強さだけじゃないんだよね。シーズンVで好感が持てたのは、ビルといい、カレンといいジャックの上役が保身に走らない、今自分たちは何をすべきかを分かっている人たちだったこと。最後にカレンがビルに告げた一言にはしびれました。もっともジャックを部下に持つのは嫌だなぁ。上司としてもお断りだけど。

そして、1/14からは米国で『シーズンVI』が放映開始。楽しみ。You Tubeにトレーラがあがってますよ。
[PR]
by dlynch | 2007-01-04 16:19 | teevee

24 -TWENTY FOUR- シーズンV

e0012194_1145379.jpg次の会社は来年からなので、しばし時間に余裕があるわけですが、この時期そうなったらやることはただ一つ。そう、『24 シーズンV』を観るわけですよ。

いま半分まで来たところだけど・・おもしろいっ!やっぱ、24はサイコーです。ただ一つのお約束である「ジャックは死なない」以外は、なんでもありのどんでん返しに裏切りにとてんこ盛り。のっけから××は△△しちゃうし、なんと□□までも☆☆になっちゃうし・・。前作で大統領になったチャールズが相変わらずいい味を出し続けてます。

『24 シーズンIV』のときに「リアルタイム24時間で観る!という目標はシーズンVに持ち越しです」なんて書いてたけど、さすがに無職になってもそうはいかないね。ま、のんびりと観ます。明後日から海外旅行に出ちゃうし。
[PR]
by dlynch | 2006-12-10 01:33 | teevee