ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

カテゴリ:others( 27 )

チェスト | CRAPO

インテリアが大好きです。
東京インテリアショップを片手に都内のショップを片っ端から見て回ったり、Truckgrafに行きたいがために大阪出張を組んだことも。そんなことをしてると、どんどん目が肥えてきて、欲しい家具の値段がどんどん上がります。ブランディングにかけたお金を家具に転化してるお店もいっぱいあるけどね。そして、行き着いたのはオーダーなのでした。
e0012194_21472286.jpg
ベッドフレームに続いてCRAPOさんに作ってもらったのはチェスト。オーダーは確かに高いけど決して割高じゃない。品質でarflexConranあたりと較べたらむしろ安い。しかも、自分がイメージする家具が部屋にピッタリのサイズで仕上がってくるわけで、この先大きな家具をショップで買うことはないだろうなぁ。いま気になってるのはStandard Tradeholly wood buddy。名古屋出張でも仕込むかな。
[PR]
by dlynch | 2007-02-23 22:51 | others

さわき | 恵比寿

e0012194_0392134.jpgしんみりとする間もなくバタバタと最後の仕事を片付けた晩は、ヨメと恵比寿にある「さわき」という天ぷら屋さんへ。

目の前で揚げてくれる天ぷらはどれも旨いんだけど、秀逸はこのサツマイモ。晩秋から初夏にかけて出していて、2月頃が一番美味しいんだそう。揚がるまでに時間がかかるので最初に頼みましょう。今回は椎茸も美味しかった。食材の話をご主人から聞きながら食べるのも楽しい。

喋る合間に箸を出す他の客を尻目に、食べる合間に話をしていた2人なのでした。舌鼓を打つってまさにこのこと。美味しいことって幸せですね。
[PR]
by dlynch | 2006-12-03 01:00 | others

転職

e0012194_2361476.jpg今日、9年と6ヶ月勤務した会社を辞めました。

働く環境としては抜群だったし、通勤が自転車で15分という都内のサラリーマンとしては最高の勤務条件にありながら転職を決心したのは、ひとえに新しいことに挑戦してみたかった、新しい何かを創り出せる可能性を見いだしたから。

2006年はいろんな事がありました。1年でこれほどのことが起こったのは初めて。これをターニングポイントと呼ぶんでしょう。急に開けた分かれ道で先がはっきりと見えない、でも何かが始まりそうな枝道を選んだわけですが、この決意が正しかったと確信できるその日まで、前を向いて突き進もうと思ってます。
[PR]
by dlynch | 2006-12-01 23:24 | others

NEW!! iPod shuffle

今のままでも十分に小さくて軽いんだけど、さらに小さくなって軽くなって、プラスティックがアルミになって、おまけにクリップがついてる!まるで、いまのiPod shuffleTUNEWEARのアルミ製のクリップを装着して、ジムで汗だくになりながら使っているボクのために進化したような新しいiPod shuffleをメールニュースで知った5分後にはApple Storeで注文ボタンを押してました。そして待つこと46日。
e0012194_236478.jpg
じゃーん!ホントにちっちゃい。旧モデルと較べると長さが半分で、厚みは2/3くらい。クリップ部分はなかなか頑丈な感じ。持ち歩くのが楽しみです。

ちなみにこれで我が家にはshuffle×2、mini、nanoの4台のiPodが、そしてオフィスの引き出しには初代iPodと第5世代iPod、shuffleが・・。いくつかはもらいものなんですけどね。
[PR]
by dlynch | 2006-11-03 23:49 | others

Roussewaltz Presents!

e0012194_2392228.gif
仕事仲間のKalinちゃんがダンサーであることは知ってるんだけど、どんなダンスを踊っているかは知らない。その華奢な身体と楚々とした雰囲気からHipHopじゃないことは予想がつくんだけど、そもそもダンスといっても、社交とかフラメンコとかタンゴとかマンボとかコサックとかブレイクとか、そんな貧困な知識しかないので、コンテンポラリーダンスといわれてもよくわからない。じゃ、観てみようということで、彼女が参加しているRoussewalts「Presents!」というリサイタルに行ってみました。

ちょっと感動。

ヒトの躍動感というのか、ヒトが持つ表現力というのか、そういうウチから湧き出てくるパワーがダンスという形を借りて解放されてる様子に感動。それが集団で表現されると圧巻。そんなダンサーを出しゃばらずに引き立てるシンプルな舞台装置や陰影が効いた照明も見事。最後にバックが白から黒に変わり、粉雪が舞う中でダンサー全員が踊る様子にはシビレました。

すごいよKちゃん。こんなすごいことやってたんだ。暗黒舞踊なんてからかっちゃってゴメン。
[PR]
by dlynch | 2006-09-29 23:38 | others

FINAL FANTASY XII

e0012194_0263815.jpgなんと4ヶ月も遊んでたんですね。延べプレイ時間は152時間。飲まず食わずで6日と8時間か・・。はまったゲームのエンディングを見ると、やっと終わった安堵感ととうとう終わってしまった寂寥感が同時に押し寄せて妙な気分です。もっと続けたいような、もう止めたいような。

と、ここまで遊び倒しておいてなんですが、シナリオ重視の私としては『XII』よりも『X』の方が好き(『X-2』はもちろん論外)。『X』の方がよりファンタジーでキャラクターが立ってたと思うんですよね。ユウナの悲壮な決意あり、ディーダとジェクトとの確執あり、アーロンの過去の事情ありと、プレイしたのは5年も前なのに未だに覚えてるくらいだから。

『XII』はモブハントしながらシナリオを進めていたこともあるけど、主人公のはずのヴァンの影が薄く、アーシェとバッシュ以外のメンバーがなぜ戦うのかがよくわからない。そもそもバルフレアとフランはなんでチームを組んでるんだ?ヴェインがなぜああいう行動を起こしたかをもっと掘り下げてくれるだけでもかなり違ってくると思うんだけどな。ところで、最後のアーシェのバルフレアへの言葉は何だったんだろう?そして、オキューリアは無視されたまま?

シナリオ以外の不満は使いどころが分からなかった召還獣。逆によかったのは、ADBと呼ばれるバトルシステムとガンビットの組み合わせによる戦闘の駆け引きかな。それにイベントムービーはスクエニだけにクオリティが飛び抜けてます。

いろいろ不満を書いちゃいましたが、それもFinal Fantasyを愛するが故。次のシリーズをプレイできるのはいつだろうなぁ。
[PR]
by dlynch | 2006-08-02 01:28 | others

親父

『流星ワゴン』に敬意を表して、プロフィールの写真を更新してみました。今のワタシよりも10歳くらい若い頃の親父です。カズとチュウさんとは違って、うちは仲のいい親子です。今頃はビールの観ながら中日ドラゴンズを応援しているはず。
[PR]
by dlynch | 2006-04-16 22:02 | others

FINAL FANTASY XII

e0012194_22253991.jpg最近、なかなかブログを更新できてません。なぜって、それは『FINAL FANTASY XII』をプレイしているから。本も映画もそっちのけではまってます。『ドラゴンクエストVIII』がつまんなくて、途中で投げ出しちゃったので、どうなるかと思ったけど杞憂に終わっちゃいました。

実は、大学時代にオオハマリしたドラクエに較べれば、FFシリーズはさほど思い出のあるRPGじゃないんだけど、それなりに歳を重ねてくると、ドラクエが得意とする勇者の冒険よりも、FFの世界観やストーリー性がオモシロイと感じるらしい。イベントムービーの圧倒的なクオリティはすっげぇの一言に尽きる。

37歳にもなってゲームにハマルなんてなんだかなぁと自分でも思うんだけど、だってしょうがないじゃん。オモシロイもんはオモシロイんだもん。
[PR]
by dlynch | 2006-04-10 22:45 | others

8ミリフィルム

e0012194_23274194.jpgこのブログの右上にある画像は「1968」という年号が示すとおり38年前のもので、このかわいらしい赤ちゃんは生まれたばかりのワタシです。優しく見守っているのはおばあちゃん。

古い8mmフィルムと映写機が出てきたんだけど、映写機が壊れていて見られない。何とかならないだろうか?というオヤジの頼みを受けて、調べてみたところ、今でも映写機を修理してくれるところはあるものの、この先何年持つか分からないし、この際だから一般向けにテレシネ(フィルムをビデオに変換すること)してくれるサービスはないかなぁと思ってたら、FUJIFILMのリメイクサービスというのを見つけました。

全部で2hほどあったフィルムをDVテープに変換するのに30,000円以上はかかったんだけど、安月給で機材を揃えたオヤジのことを思えば安いもの。

そして、どきどきしながら待つこと数日間。
生まれたての自分や妹、今の自分よりも若い両親、今は亡き祖父母、かすかに記憶に残る懐かしい風景が「動いている」ことには、写真で見るのとはまた違った感動が待ってます。これぞ映像のチカラ。帰省したときに編集したVHSを持って帰ったのは言うまでもありません。

さんきゅうなお父ちゃん。
[PR]
by dlynch | 2006-02-09 00:08 | others

日本ブログ大賞2006

日本ブログ大賞2006とやらにヨメがエントリーしたので、こっちも負けじとエントリーしてみました。2番目に応募者が多いホビー部門で勝負。さて、どうなるやら。
[PR]
by dlynch | 2006-01-13 00:03 | others