ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

カテゴリ:others( 27 )

あなたがつぶやく最期の言葉

82歳になったワタシは、小春日和の続く時季、風邪をこじらせて病院へ。
知らせを聞きつけ、駆けつける旧友や娘、その家族。でも、ついに最期はやってきます。
組同士の抗争に遭遇し、流れ弾にあたって「なんじゃこりゅあ!」という言葉を残して先立ったヨメを思い浮かべ、娘の手をとりながら、こうつぶやくつぶやくのです。
e0012194_2310975.gif
うん、実に理想的な最後だ。
[PR]
by dlynch | 2005-12-09 22:16 | others

デジタルとインターネット

e0012194_15531587.jpgベッドフレームを作ってもらいながら、あらためて感じたのは、デジタルやインターネットちゅうのはうまく使えば便利なもんやなーということ。

今回のケースで言えば、どんなに優れたフレームでもウッドスプリングがちゃんと収まってくれないと話にならない。とはいえ、こっちは東京で工房は長野なので、おいそれと行き来することもできないし、採寸するなら正確に伝えないといけない。

でも、いまならデジカメでちゃちゃっと撮って、PCのソフトで寸法を入力、メールに添付してやればOK。図面も同じように画像データでやりとりできる。フィルムカメラと電話とFAXでこれをやろうとすると・・。メールなら時間の制限を受けないから、帰宅してからできるけど、電話だと会社からしなければならないしね。そもそもネットがなければ、CRAPOさんを知ることもなかったわけで。改めてネットに感謝。
[PR]
by dlynch | 2005-12-04 15:54 | others

ベッドフレームをオーダー

e0012194_15275399.jpg
ニューナチュラスターで寝始めて4ヶ月ほど経ちますが、至って快適。腰痛や肩こりが嘘のようにすっきり!とまでは行かないけど、起きたときに感じていた違和感というか重さはなくなりました。横向きで寝るときに感じていた肩周りの圧迫感も皆無。一緒に買ったホイップ枕が意外に?よかった。

そして、ついにベッドフレームがやってきました。
実はセンベラに決めた後に、またもや都内のショップからネットまで隈無く探したんだけど思い描くフレームが見つからない。そもそも、シングル×2を並べられるフレームが少ないし、純正のウッドスプリングをどうしても使いたかったので、ならば、以前に机を作ってもらった長野安曇野のCRAPOという工房に作ってもらおうということで、何度かのやりとりを経て、待つこと2ヶ月ほど(待ってる間がたまらんです)。

絵に描いたようなベッドが誕生したのです。
CRAPOさんに送ったメールにも書いたんですが、ちゃんとした職人さんにちゃんとした素材で作ってもらった家具ってのは、組み立てているときから感触が違います。部屋に置いたときの存在感というか佇まいもね。ステキな家具をありがとう、Uさん。大切に使います。
[PR]
by dlynch | 2005-12-04 15:31 | others

センベラ(Sembella) ラテックスマットレス

e0012194_23495026.jpg島忠のおじさんの巧みなセールストークにやられて購入したフランスベッドの高密度スプリングマットレスに疑問がわいたのは今年の初めのこと。なんだか朝起きると腰が痛い。デスクワークが多いので、仕事のせいだろうと思っていたんだけど、春先にSeattleに出張したときに宿泊したAlexis Hotelのふかふかベッドで寝泊まりしてたら、なんと!腰回りがすっきりしたんですよね。何となく気持ち悪い違和感がどっかへ行っちゃった感じ。

ちょうど、短足胴長のはなちんのために、ベッドフレームをもう少し低いものに買い換えようと相談していたところだったので、それからマットレス探しの旅が始まりました。欲しいと思ってから買うまでの下調べが長いんです、ワタシ。

ショップを片っ端から回って、手当たり次第に横になりまくって、店員と話をしてわかったのは(東京って、こういうことができるから好きです)、堅いマットレスが腰にいいというのは迷信だと言うこと。人にもよるんだろうけど、どうやらワタシは柔らかめが好きみたいで、そうなると、ダブルクッションが望ましいんだけど、これだと低くできないし、値段が跳ね上がる。そうこうしているうちにたどり着いたのが、センベラのマットレス。

これがイイ。寝心地がね、気持ちよかったんです。
弾力のあるスポンジに横たわった感じ、とでも表現すればいいのか、でもウォーターベッドのようにぐにょぐにょしてる感じでもない。一般的なマットレスのスプリングに相当するラテックスという天然ゴムは最後は自然に還るというし、カバーは取り外してクリーニングができる、デザインもシンプルでよかったので、ほとんどこれにするつもりで、後日ヨメを連れて行くと、寝心地は気に入った様子。虫嫌いな彼女はラテックスの抗菌作用がダニを寄せ付けないところにも惹かれたようだけど。

そんなわけで、いくつかのモデルの中から「ニューナチュラスター」をチョイス。ウッドスプリングとホイップ枕も一緒に購入したころには、夏が始まろうとしていたのでした。
[PR]
by dlynch | 2005-12-02 23:49 | others

PC遍歴後編 NEC VALUESTAR TX

e0012194_0261027.jpg
仕事のメインがthinkbad T42p、重い作業にはHP xw8000という恵まれた環境故に、Pentium 4 2.2Ghzの4500cに遅さを感じ始め、買い換えを決心したのがこの夏。ショップ巡りとネットサーフィン(死語?)が始まったのでした。

ここで改めて気づいたのが、Windows機のダサさ。とくに、ショップブランドの下品なデザインは何とかならならないかなー。三連メーターとか、ネオン管とか、ヤンキーの改造バイクじゃないんだから。あと、G5もどき。恥ずかしくないかね。メーカーはメーカーでホワイトボックスに毛が生えたようなデザインしかないし、もうがっかり。やっぱり、筐体デザインに関しては、Appleが飛び抜けてます。

何とか許せたのが、VaioのType RとNECのVALUESTAR TXで、水冷の静音性に惹かれたのと、NECダイレクトの価格がグンと下がったこともあって、最終的にNECになったのでした。正面のぼんやりと光る青い光はいただけないけど、すっきりしてるし、プラスティックの質感もよいので、なかなか気に入ってます。静音性は思ったほどではなかったけど、静かなのは確か。さっそく、グラフィックカードをMSI NX6600 TD128ESPに換装してみましたが、こいつもなかなか静かで、FFベンチが4377と、性能も申し分なし。仕事が落ち着いたら、久しぶりにゲームでも始めるかな。
[PR]
by dlynch | 2005-11-08 01:04 | others

PC遍歴前編 MacからWinへ

e0012194_0302090.jpg最初に自分でお金を出して買ったPCはAppleのColor Classic。RAMが6MBで、HDDが80MBくらいだったかな。筐体に貼ってあるQuickTimeのロゴを見た友達に「ぜんぜん、クイックやあらへんなー」といわれてました。そーゆーことじゃないんだけど、返す言葉がないくらい遅かった・・

以来、Mac一筋にLC475、PowerPC6100/66、ついにはRadius 81/110まで上り詰める?んですが、20インチのブラウン管とともに押し入れに鎮座するRadius互換機の佇まいに圧迫感を感じ、一転して初代のiMacを購入。そして、このiMacが最後のAppleに。

Windowsに切り替えようと思った理由はインターネット。
Macのブラウザだと正しく表示されなかったり、オンラインサービスが受けられなかったり、ストリーミングが見られなかったり、いろいろと制約が多かったんですよね。そのころ登場したMac OSXに馴染めなかったこともあって、ついにDell Demension 4500cを購入したのでした。

Windowsになって気づいたのはソフトや周辺機器が多いこと。ビックやヨドバシに行くとずらーっと棚に並んでるんですよ、それもいろんな種類のやつが。おかげで、携帯電話とか年賀状とかラベルとか英会話とか家計管理とかいろんなソフトを買っちゃいました。「Final Fantasy XI」もその一つ。オンラインゲームのオモシロサにどっぷりと2年もはまってしまったのです。
[PR]
by dlynch | 2005-11-05 20:59 | others

フランクリンアベニュー

e0012194_1234592.jpg『スーパーサイズ・ミー』のことを書きながら、なんか忘れてるんだよなぁと思ってたんですが、思い出しました。

そう、「ハンバーガー」というだけで、十把一絡げにしてはいけません。ファーストフードではない「ハンバーガー」があるんです。その一つが五反田の「フランクリンアベニュー」。有名店なのでご存じの方も多いかもしれません。

ハンバーガーの旨さはもちろんのこと、お店の雰囲気もとてもいいので、ここで食べるハンバーガーは食事をした気になります。1日3食30日間は、さすがにムリだけど。
[PR]
by dlynch | 2005-09-25 01:24 | others