ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

亡国のイージス

e0012194_19392371.jpg原作となっている小説を先に読んでしまった場合は、たいてい、その映画はつまらないと感じることが多いんですが、残念ながら、この『亡国のイージス』もその仲間入りです。

パッチワークのようなあの物語の進め方で、原作を読んでない人にもストーリーが分かったのかなあ?なぜ、宮津艦長は行動を起こしたのか?なぜ、あれだけの幹部が同調したのか?なぜ、仙石は如月を気にかけるのか?なぜ、如月はDAISとして戦うのか?肝心なそういうのが、映画では全く伝わってこなかった。

原作のエピソードをいろいろと突っ込みすぎなんですよね。小説のあれだけの情報量を120分に収めないといけないんだから、ばっさり落とすところは落とした方がいいのに、その辺の思い切り不足や迷いを感じました。ジョンヒ役はその象徴。

もうひとつの不満は、キャスティング。真田広之の先任伍長・仙石はあまりにも原作のイメージとかけ離れすぎていて、だからといって、この仙石もありかなとも思えなかった。寺尾聰の宮津艦長も今ひとつ。いい人なんだけど、威厳にかけるんですよね。『ザ・ロック』でハメル准将を演じたEd Harrisを思い浮かべながらそう思いました。映画で副艦長になっている必然性も感じられなかったし。

とはいえ、よいところが全くなかったわけでもなくて、キャスティングで言えば、ヨンファの中井喜一、風間・水雷士の谷原章介はドンぴしゃ。竹中・船務長の吉田栄作、総理の原田芳雄はイメージとは違うけど好演。とくに梶本総理の芳雄ちゃん(うちのヨメはなぜかそう呼ぶ)の政治家ぶりは意外性もあってよかった。本物のイージス艦や戦闘機で撮影した迫力の映像も魅力の一つ。『ローレライ』はそこがイマイチだったから。
もっともその分、最後にいそかぜが沈むシーンのおもちゃ感が・・・だったんだけど。
[PR]
by dlynch | 2005-08-28 19:46 | cinema

私の頭の中の消しゴム

e0012194_23445292.jpgただただ涙。
これほど泣けた映画をボクは知りません。

こうしてブログを書いている今も、いくつかのシーンを思い出すだけで鼻の奥がツーンとしてきます。文句なしに、これまでに観た映画の中でNo.1のラブストーリー。この先、これよりもいいって言える映画に出会えるのかな?

『MUSA』でも充分かっこよかったのに、さらに大人の魅力を増したチョン・ウソン、そして、『ラブストーリー』のときよりも、可憐で、かわいくって、切ないソン・イェジンが主演の『私の頭の中の消しゴム』は、10月下旬から全国松竹・東急系でロードショウだそうです。
[PR]
by dlynch | 2005-08-24 23:52 | cinema

川の深さは

e0012194_0225815.jpgSan Joseいる間に読み始めたのは旬な作家、福井 晴敏さんの『川の深さは』『亡国のイージス』『終戦のローレライ』と続けて読んで、その骨太な男たちのドラマに涙したので、彼の実質的なデビュー作である本作には相当な期待を込めて読みました。

この作品は福井 晴敏のまさに原点。
彼の持ち味とも言える、物語のパワーを感じました。

劇画チックな人物や物語の設定とやや押しつけがましい問題提起に若さが感じられ、文章にも荒削りなところが見られるものの、後の『亡国のイージス』や『終戦のローレライ』を生み出した土台になっていることがよーくわかります。桃井と保のペアは、まさに仙石と如月。ハリウッドで、ジェリー・ブラッカイマーあたりに映画化してもらったら、オモシロイ作品になるんじゃないかな。

読み進めていくうちに、ん?これはもしや『亡国のイージス』に話がつながるのか?この官房長官の名前はたしか首相と同じだったようなと思ったら、最後に納得。調べてみたら、このあと『Twelve Y.O.』 、そして『亡国のイージス』へと続くんですね。

それにしても、この福井 晴敏、雫井 脩介、松岡 圭祐と、ここのところ読んでる作家はみんな1968年生まれの同い歳。なんか焦る。
[PR]
by dlynch | 2005-08-23 00:33 | book

San Joseのレストラン

朝っぱらからびっちりと予定が詰まっていて、おまけに当然のことながら英語のカンファレンスなので、夕方ともなるとへとへとに草臥れる今回の出張で楽しかったのはディナー。San Joseのダウンタウンへ連日繰り出しました。

初日はAP Stump'sへ。クラッシックな高級感のあるレストランで、慇懃かつフレンドリーなサービスがブルジョアになった気分にさせてくれます。"An American Style Chop House" features corn fed american beef, fresh seafood, and our signature classicsという謳い文句の通り、アメリカン・キジュイーヌなお料理をいただけます。アペタイザーといえばいいのか、最初に出された揚げ餃子のようなおつまみやコロッケのようなおつまみがうまかった。

2日目はThe Montgomery Hotelという洒落たホテルに入っているParagon。San Joseには去年できたばかりらしく、AP Stump'sとは逆にカジュアルなんだけど、モダンな高級感のあるレストランです。ここもまたアメリカン・キジュイーヌ。バーがステキだったので、次はバーに行ってみよう。

3日目はMcCormick & Schmick'sへ。老舗のシーフードレストランで、東海岸から西海岸、中西部まで全米の至る所で展開しています。米国でステーキっておいしいと思うことは少ないのだけど、シーフードはうまい!と思うことが多々あります。ここで頼んだロブスターとコーンチャウダーも旨かった。シアトルやサンフランシスコのレストランに負けません。そのときの旬のものを取りそろえてるという生牡蠣もおいしく頂きました。

帰ったら増えてしまった脂肪を落とさねば。

e0012194_22373858.jpg
ちなみにこちらはUS本社のカフェテリアの中庭。社員だけじゃなくて、社員の家族もいっしょに昼飯を食ってるのは、家族を大切にするアメリカならでは。
[PR]
by dlynch | 2005-08-20 22:44 | travel

火の粉

e0012194_14242716.jpg機中で読もうと思って買ってあった雫井脩介さんの『火の粉』なんですが、出発前に読み始めてしまったのが運の尽き、成田に向かうNEXの中でも読み耽り、読み終えたのは結局、フライトの1時間後でした。

先の展開を知りたくてページをめくる手が止まらない。これほどまでに思わず斜め読みになりそうな自分を押さえ込んだのは久しぶりの体験です。作品名の通り、梶間家に降りかかる「火の粉」の不気味さを描いた超一級のサスペンス。

読み終えて気づいたのは男性作家の作品であるにも関わらず、その巧みな女性の心理描写。中盤にクローズアップされる尋江と雪見の視点に全く違和感がなくて、なんでみんな彼女たちの心労を分かってあげないんだよ、とくに俊郎、お前は浅はかすぎるぞ!コノヤロー!!と、もどかしい思いを抱かせてくれました。

雫井 脩介という作家を知るきっかけになったこの作品。
これから当分は彼の作品を読み漁ることになりそうです。
[PR]
by dlynch | 2005-08-19 14:27 | book

シュレック2

e0012194_14123469.jpgSan Joseに向かうアメリカン航空の機中で観たのは『シュレック2』

『シュレック』もよかったんだけど、パート2はさらによくなってる。ファンタジーとしてこれ以上の作品はない!と断言できるすばらしい傑作。子供から大人まで幅広く楽しめます。

映画好きとしては随所に見受けられるパロディを楽しめるんですが、音楽好きとしても70-80'sを中心としたカバーにスパイスが効いていて楽しめます。David Bowieの「Changes」はこんなアレンジでこんな使いどころがあるのかと思わず感心。

個人的なお気に入りはなんといっても「長ぐつをはいたネコ」。
かっこいいんだか、渋いんだか、可愛いんだかよく分からないキャラクターに、「マスク・オブ・ゾロ」でもあるアントニオ・バンデラスのバスボイスがしっくりしているようなしていないような、その微妙なマッチングがサイコー。闘う直前に毛玉を吐き出すっていう、ネコ好きなら思わず手をたたいて喜んじゃうシーンもさることながら、極めつけはあの!うるるん攻撃。飛行機の中なのに声を出して笑っちゃいました。

改めてDVDを購入すること決定。
[PR]
by dlynch | 2005-08-18 14:16 | cinema

San Joseへ

はなのいないスーツケースを担いで米国はSan Joseに到着したのは月曜日。San Joseには勤務先の本社があるのです。

San Joseといっても観光に行くところではないので、一般的には馴染みが薄いと思いますが、USのIT関連企業が集まるシリコンバレー(死語となったビットバレーのモデル)の中心都市で、San Franciscoからハイウェイで南に1時間ほどいったところにあります。

空港を降り立てばそこはカリフォルニア!
このキラキラ太陽とソヨソヨ空気は西海岸ならでは。この空気感、大好きです。月曜日の日中は予定がなかったので、ホテルにチェックインしてシャワーもそこそこに、まずはダウンタウンから10分ほどクルマで走ったところにあるショッピングモールValley Faiへ。Tシャツフリークしては迷わずAbercrombie&Fitchとその隣のHollister Co.へ直行。

その後、Macysでヨメの頼まれ化粧品を購入しつつ、モールをプラプラするもなかなか心惹かれるモノがないので、San Joseから101を40分ほど南下してGilroy Premium Outletsへ。 御殿場や土岐にあるのと同じ系列のアウトレットです。ここにはNIKELevi'sをはじめとするお気に入りのブランドが入っているにも関わらず、またしても心惹かれるモノがない。小田急ハルクのセールの方が魅力的だったなーと落胆。すごすごとSan Joseに戻ったのでした。

火曜日からは朝っぱらからびっちりミーティング漬け。朝8時に集合って・・

e0012194_21183774.jpg
プールサイドで、つかの間のバケーション気分
[PR]
by dlynch | 2005-08-18 13:33 | travel

いっしょに出張行くか?

部屋の外に出てみたら、出張準備中のスーツケースの中で眠るはな嬢を発見。
本人はたまたまそこで寝てただけなんだろうけど、「そっか、そっか。オレと離れるのが寂しいんだな。一緒にアメリカ行くか」と大いなる勘違いをさせてくれます。ぐすん。
e0012194_0245189.jpg

[PR]
by dlynch | 2005-08-15 00:28 | dog

アサシン

e0012194_23531771.jpg『アサシン』を最初に観たのはもう10年も前のこと。

賞賛を浴びた『ニキータ』に対し、やっぱりリメークはリメーク、所詮ハリウッドはハリウッドと散々だった『アサシン』なんですが、当時、両方とも観たワタシには『アサシン』の方が好きでした。なんといっても、主演のブリジット・フォンダがめちゃめちゃにカワイイ。切ないラストシーンに涙ぐんだこともあって、DVDが出たときは速攻で買いました。

そして、2005年。
ヨメは出かけていないし、外は夕立で、はな(うちのわんこ)の散歩に出られないし、DVDでも観るかなーとなんとなく買ってあった『アサシン』のDVDのシュリンクを破いてみました。

Bose 5.1chの音量をあげること108分。
やっぱり、『アサシン』のブリジット・フォンダは文句なしにカワイイ。カワイイとはちょっと違うかな・・可憐って感じです。華奢な身体に乗っかる寂しげな笑顔を観てるだけで守ってあげたくなるような、そんな儚さがオトコの琴線に触れます。

10年前に感じなかったこの作品の魅力はガブリエル・バーン。いい男ですね。そっと見守り、余計なことは言わない。どうしてあの頃の自分がそう感じなかったのかが不思議です。こんな渋い男になりたいもんだと思っていたら、ニーナの叔父として歳を聞かれるシーンで「37だ」と答えていることにショック。あと1年ではあの雰囲気は身に付かない・・

今改めてみると、ん?と思うところもあったけど、やっぱり好きな作品。いつか、ビーチの近くに住んでみたいと思ったきっかけもこれだったと思い出しました。消えたニーナを捜しにボブが乗り込むところから始まるラストはやっぱり切ない。

今度は『ニキータ』を観てみよっと。
[PR]
by dlynch | 2005-08-15 00:02 | cinema

オーシャンズ12

e0012194_0502260.jpgほかの人は『オーシャンズ12』をどう思ったのか、ちょっと調べてみたんですが、賛否がはっきりしてるんですね。ワタシは残念ながら否に一票です。

だって、なんだかつまんないんですよね、お話が。そもそもベネティクトが、いちいちメンバーを訪問して脅しをかけるって、カジノのオーナーってそんなにヒマなのかしらん?話のつながりに不自然なところが多いし。意表をつく展開が後半に待ってたんですが、それすらもふーんって感じで。そもそも、オーシャンと11人の仲間はちっとも活躍しない。それに、テス・オーシャンの「あの」扮装は反則。

そんな中でも楽しめたのは、スティーブン・ソダーバーグのスタイリッシュな編集と音楽、なんだか知らないけどイカしているブラピ、かわいらしいマット・デイモン、セクシーなキャサリン・ゼタ=ジョーンズかな。マットのはにかみ笑顔がいいですね。孤独な天才か不気味な青年のマットしか知らないので、わけのわからない隠語に愛想笑いをしながら親指を立てるシーンは、かわいらしくて魅力的でした。

ネイティブ並みの英語力があったら、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの軽妙な掛け合いを楽しめたかもね。
[PR]
by dlynch | 2005-08-10 00:59 | cinema