ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「二人の天使」がいのちをくれた

e0012194_0164118.jpgこれまで白血病に抱いていたイメージは、薄幸な主人公の象徴として「物語に」登場する病、しかも、やや使い古された「設定」でした。だから、セカチューを読んだときは、いまさら白血病かよ、ひねりがないなぁなどと思ったんですが、『「二人の天使」がいのちをくれた』を読んで、これがとんでもなく浅はかで、失礼な考えだったと気づかされました。

「41年間大病とは無縁で、36歳の時には4時間を切るタイムでホノルルマラソンを完走。週1回のジム通いを欠かさず、3カ月前に行った会社の体力測定では肉体年齢20歳とコンピュータ診断された著者が、会社の健康診断の血液検査でひっかかった。すぐさま日赤病院を紹介され、医者から告げられた病名は急性骨髄性白血病」

R25のブックレビューでこう紹介されてて、他人事じゃないと思ったのが、この本を読むことになったきっかけ。ちょうどジム通いにハマっていて、健康には万全の自信を持っているところだったので、このレビューは衝撃でした。

病名を宣告されてから幾多の課程を経て、最終的に臍帯血移植という治療法に成功。
14ヶ月ぶりに会社に復帰するまでのドキュメンタリーなんですが、感服したのが著者の精神力と行動力。

著者は何度となく自分の運の良さに感謝してますが、たまたま幸運が舞い降りてきたわけではなく、精神力と行動力が運気を引き寄せたんだろうと思います。笑う門には福来たるけど、死亡確率20-25%とか言われて、12時間点滴打ち続けて、無菌室に何日も閉じこめられてる状態で、笑い続けられるって、ものすごいことですよ。しかも、精神的にも肉体的にも弱りまくっているのに、治療方法を人任せにしないで、自分で判断するために情報を収集するその行動力。男の生き様を学びました。

人は生きてるのではなく、生かされている。
私自身が生きているうちに、この心境に達せられるかどうかはわかりませんが、そう思えるようになったときは人生観ががらっと変わるんでしょうね。

さっそく、献血に行ってこようと思います。骨髄バンクのことも調べなきゃ。
[PR]
by dlynch | 2005-10-29 01:21 | book

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月

e0012194_23583958.jpg残念なことにつまんないと感じた映画が連続しちゃいました。前作に引き続き、女性に人気らしい、ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月です。

1作目は、ラブコメとしてそれなりに楽しめたんですけど、この2作目は1作目のスタイルをまんま踏襲してるだけじゃなく、少々くどいカットが多くてワタシにはダメ。

だいたい、マークはブリジットのどこが好きなんですかねえ?容姿のことはさておき、一言で言えばあんな「ウザイ」女は、たいていの男は面倒になって、敬遠すると思うんですけど。

つまんないなーと思い始めた頃、隣で観ていたヨメも「なんか、おもしろくないね」というので、男女差はないのかと思い、翌日ランチを食べながら同僚に感想を求めたところ、40代前半未婚女性曰く、「それはねぇ、結婚してるからよ」と一蹴。

どーですか、未婚のみなさん?
[PR]
by dlynch | 2005-10-27 00:14 | cinema

ジョギング

e0012194_11313100.gif風呂上がりの鏡に映る自分のゆるーい立ち姿に我慢できなくなって、コナミスポーツクラブ五反田に通い始めて、1年と2ヶ月。飽きっぽいワタシにしては長続きしているというか、すっかりはまってしまいました。

メニューは筋トレとジョギング。
やってて楽しいのはジョギングです。ただ黙々と走るだけなんですけどね、これが楽しいんです。

痩せ型なのに22%までに増えた体脂肪率を18%まで落としてから、筋トレを始めようと思っていたので、当面は有酸素運動に絞ることにし、ジョギングをチョイス。これが吉でした。最初の頃は、7-8km/hペースでも5分も走ればゼイゼイしてすぐに歩いていたのが、息が上がるまでの時間が日に日に短くなり、3ヶ月目くらいで30分を完走!これはうれしかった。ホントにうれしかった。

ここからです。ジョギングにはまったのは。
次は、9km/hで30分走りきろうと目標を決めて、数週間後に達成。こうなると欲が出てきて、次は10km/h、その次は11km/hとどんどん走れるようになる自分が楽しいんですよね。いまは12km/hを余裕の笑顔で走れるようになることを目標にしてます。今日は、30分で5.6kmを走ったので平均すると11.2km/h。目標までもう少しだな。

そして、ただいまの体脂肪率は15%。こちらは、めざせ12%。
[PR]
by dlynch | 2005-10-26 01:16 | sports

代官山 わんこOKカフェ

代官山ははなとの散歩が楽しい街です。
車が来ない裏通りが多くて、その裏通りにはヘンな(イイ意味でね)ショップがいっぱいある。なんといっても、至る所にオープンテラスのカフェがあるので、休憩しやすいのがいいですね。これで八幡通りの歩道が広かったら言うことないんだけど。

e0012194_23434936.jpgそんな代官山で、お気に入りのペットOKのカフェが、こちらのsenang.dua。少し、奥まったところにあるので、車が通ることがほとんどなくて、人通りもさほど多くないので、気持ちよくと過ごせます。

ナッツナチュラルのセブンスチェアで揃えたインテリアもセンスよくて、いい雰囲気です。
[PR]
by dlynch | 2005-10-24 23:52 | dog

ウルトラマンマックス

e0012194_117352.jpg仕事の関係で、平成ウルトラマンと呼ばれる、ディガ、ダイナ、ガイア、コスモス、ネクサス(平成ウルトラマンはガイアまでの三部作を指すことが多いですが)、そして、今放映中の『ウルトラマンマックス』を見てたりします。仕事の度合いは1/6くらいですけど。

平成ウルトラマンは、ヒューマンドラマや科学的な設定が割としっかりしていて、VFXもテレビシリーズとしてはとんでもないレベルなので、大人が見ても大人なりの楽しみ方ができるなかなかの作品に仕上がってました。

でも、子供たちにはどうなのかなぁと思ってたんですね。怪獣を悪役と決めつけて、問答無用で倒すことに悩みを抱くウルトラマンって、子供は見ていて楽しいのかな?と。

そこに「マックス」が登場。前作の「ネクサス」からは一転して、直球勝負のウルトラマンです。
セブンやタロウを彷彿とさせるお顔でアイスラッガーのような必殺技を放つわ、ゼットンやエレキング、キングジョーまで出てくるわ、最初の『ウルトラマン』のヒーローとヒロインだった黒部進さんと桜井浩子さんがレギュラーだわで、昭和ウルトラマンを知る者にはたまらない設定になってます。

しかも、ストーリーは単純明快。これは子供も楽しいんじゃないかな。第15話の「第三番惑星の奇跡」は、ホントいい話でした。

映画好きとして見逃せないのは、2作品ごとに入れ替わる演出陣。最初が金子修介で、この前は三池崇史。 脚本に上原正三さんのクレジットを見つけたときは、涙ぐんでしまいました。この先の監督には、実相寺昭雄が登場するそうで、ますます楽しみ。
[PR]
by dlynch | 2005-10-23 01:21 | teevee

SHINOBI

e0012194_22441170.jpgプロダクションの方に『SHINOBI』のチケットをいただいたので、観に行ってみたんですが・・正直つまんなかったです。

納得のいかない「なぜ?」が多すぎる。
しかも、物語のキモとなる肝心なところで。
なぜ、鍔隠れチームはわざわざ卍谷チームを追うのか?薬師寺天膳はただ死に場所を探していただけ?なぜ、朧と弦之介は最後に戦わなければならないのか?最後のあの双眸は?朧が家康と対面するシーンにはグッときたけど、駿府から伊賀に伝令を飛ばす間に里は壊滅しちゃうんじゃないかなぁ。

あと、5×5の忍者の戦いっぷりを2時間に収めるには無理がある。如月とか蓑念鬼とか、ほとんど、なんにもしてないじゃん。3×3くらいに抑えておいた方がよかったように思う。筑摩×夜叉丸をはじめとして、VFXを駆使した忍者アクション(妖術合戦?)に迫力があっただけに残念。

よかったのは、邦画にしては珍しい映像美。小川さんデザインの衣装じゃなくって、風景の方です。日本の山里って本当に美しいですね。個人的には、黒谷友香さんの妖艶なくノ一っぷりにクラクラ。
[PR]
by dlynch | 2005-10-19 22:51 | cinema

グレイヴディッガー

e0012194_06323.jpg『13階段』でいたく感動した高野和明さんの作品で、次に選んだのが『グレイヴディッガー』

GraveをDigする人、つまりは「墓堀人」を意味するタイトルなので、ホラーかなーと思ったら、スピード感溢れるノンストップ・サスペンスでした。主人公の八神は、まるで『逃亡者』のように、とにかく逃げる逃げる逃げる。

前科者の悪人だけど飄々としていてどこか憎めない八神、取調室でカツ丼を出してくれそうな古寺、青臭い正義感を振りかざす剣崎、切れ者の若きエリート越智、八神を追いかける謎のグループ(しかも、コードネームで呼び合う)、そして、ボウガンと不気味な衣装で追いかけ回すグレイヴディッガー。

まるで映画のように楽しめるエンターテイメントです。
謎解きや人物の絡まり具合も映画的というかドラマティック。
八神の台詞回しも気が利いてるし。

>>ネタバレするので反転してお読みください。
これで、八神はどうしてそうまでして他人の命を救おうとするのか?グレイヴディッガーはなぜ復讐するのか?あの仮面と衣装には防御以外の意味はないの?魔女狩りの拷問に似せて殺すのはなぜか?

この辺りまで細かく描写していたら、エンターテイメントを超えた作品になるんじゃないか、と思えるところが少し残念だったかな。
[PR]
by dlynch | 2005-10-17 23:59 | book

東京奇譚集

e0012194_233636.jpg宮本輝三浦綾子、そして村上春樹。それぞれ作風が異なるこの3人は、私にとって特別な作家さんたちで、これまでの著書がすべて揃っていることはもちろん、ときおり取り出して読み直してみたり、新刊が出ると問答無用でハードカバーを購入します。

ということで、村上春樹さんの久しぶりの短編集『東京奇譚集』を読み終えました。あまりにもさらりと読めてしまったので、もう一度じっくりと読むことに。

うーん、実に味わい深い。
この独特の世界観と文章にはやっぱり唸ります。

不思議な、あやしい、ありそうにない話=奇譚だと帯で定義してますが、そもそも彼の小説に「奇譚」ではない作品を見つけるのが難しいので、『ノルウェイの森』以来、リアルタイムで読んでいる私には、違和感は全く感じず、むしろ、村上ワールドを堪能できて、ファンタジーの世界に入り込んだような気分を味わえました。

収録されている5作品はどれもそれぞれの味わいがあるんですが、好みは「ハナレイ・ベイ」と「品川猿」。「品川猿」をベースに長編を書いてくれないかなぁ。
[PR]
by dlynch | 2005-10-15 23:39 | book

下妻物語

e0012194_0272530.jpg『下妻物語』は、おっかしな映画でした。

ともかくもうキャスティングがぴったり。主役の二人は言うに及ばず、脇を固める宮迫や阿部サダヲがその世界に住んでいるんじゃないかくらいぴったり。最近、女優としていい味出してるのは小池栄子ちゃん。『恋愛寫眞』でも『真夜中の弥次さん喜多さん』でもそうだったけど、この作品でも存在感を放ってた。いつか、ふつうの恋愛を演じる彼女を見てみたい。ロリータブランドの社長を演じてた岡田義徳くんもなかなかの怪演。

お話はベタなんだけど、このベタな話がギャグと一緒にテンポよく進んでいくので、つっこむよりも前に笑ってしまう、そんな映画です。見終わったあとはなんだか爽快な気分。

ただ、ジャスコのCM風のカットや何度か挿入されるアニメーション、いじくり回した映像美はイマイチなじめず。ちょっとばかし、やり過ぎじゃないかな、アレは。
[PR]
by dlynch | 2005-10-11 00:30 | cinema

ファンタスティック・フォー

e0012194_2345495.jpgMARVEL好きとしては行かねばばならんでしょう。というわけで、『ファンタスティック・フォー』を観てきました。

超能力の映像に迫力はあるし、ところどころのジョークも笑えるし、男子としてはジェシカ・アルバちゃんのセクシーコスチュームにグッとくるんだけど、それだけ。
あーおもしろかったねぇ、で終わりなのでした。

ま、そーゆーエンターテイメント映画なので、これでOKなんだけど、もう一つ何かが欲しかったかな。そもそも、超能力を身につけるに至った経緯はスケールが大きいのに、戦う理由がちっちゃいんだもん。
[PR]
by dlynch | 2005-10-09 23:46 | cinema