ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

99%の誘拐 | 岡嶋二人

e0012194_23254173.jpg『感染』を買ったときに、同じく帯のコピーに惹かれて何となく買ってみた『99%の誘拐』。あちらはハズレだったけど、こちらは大アタリ。のってきてからは最後まで一気読みです。

読み進めていくうちに、モデム?OCR?16ビットパソコン?とレトロな単語が出てくるので、刊行日を調べてみたら、なんと1988年の10月。20年も前に書かれた本なんですね。Color Classicに14.4のモデムをつないで、Nifty Serveをやっていた頃を思い出しました(それでも90年前半なんだけど)。パソコン通信、懐かしい響きです。犯人はそのパソコンを駆使して、前代未聞の誘拐に挑むわけですが、そのアイディアと技術的な裏付けがすごい。ま、ブルースクリーンやSad Macと対面したことのある人なら、んな完璧に行くわけないじゃんという突っ込みもあるんだろうけど、そこはフィクションと言うことで。

パソコンがこの物語りの重要なパートを占めることは間違いないんだけど、でもパソコンはあくまでも小道具。本質は、最後まで読者を連れて行く疾走感。ある段階で犯人が分かって、おおよその結末も予想がつくのに最後まで飽きさせない。というよりもどんどん引きずり込む。そこで犯人がどう動くのか?間宮は気づくのか?その辺の読者との駆け引きが実に絶妙。余計な装飾がない、シャープな文体が疾走感をさらに煽ってくれます。恋愛やヒューマンドラマがあまり絡まない純粋なミステリーとして楽しめますよ。
[PR]
by dlynch | 2007-01-30 23:35 | book

外資系トップの仕事力 | ISSコンサルティング

e0012194_0221382.jpgビジネス書の類は滅多に読まないんですが、『外資系トップの仕事力』という題名に惹かれて思わず買ってしまいました。10年近く外資の企業に身を置いてるので、他の業界のトップってどんな人たちなんだろう?うちのトップとはどう違うんだろう?という辺りに興味を持ったのと、もう一つは身の程知らずながら、オレとはどう違うのか?を知ってみたかったから。

各界から12人のトップがこれまでの人生を踏まえつつ、仕事観や人生観を語るわけですが、彼らに共通して言えるのは、早い段階から視点がグローバルに向いていたと言うこと、興味を持ったことをとことん突き詰めること、自身が指向していない仕事に直面したときに逃げないこと。もちろん、オレさまとは全然違います(笑)

LVJの藤井さんはマッキンゼーの大卒採用一期生だそうです。いまだからこそ、マッキンゼーといえば「ほぅ」となるけど、彼が入社した1981年時点での一般的な知名度なんてゼロに近いはず。ハタチそこそこで自分のやりたいことが明確で、それを実現するためにはどう擦ればいいかという視点で就職活動をして、三菱商事と興銀から内定をもらっておきながら、15人程度の会社を選ぶという、その発想と行動と度胸にはただただ感服。外資に限らず、自分とトップとの差を客観的に知ってみたいサラリーマンにはお勧めです。

一番嬉しかったのはMHRCの柴田さんの「世界で一番使われているのはブロークン・イングリッシュ」というお言葉。英語コンプレックスには勇気出るなぁ。
[PR]
by dlynch | 2007-01-28 01:14 | book

Deer Attack | 鹿が激突!(後日談)

e0012194_17351364.jpg普段なら空港でクルマを返すとその場でレシートをくれるのに、その日はカウンターに行けといわれて、マネージャーらしき人からレシートは後で自宅に送るからと言われたのでした。ボディの右半分はベコベコ。おまけにフロントガラスにひびが入っていた(→)ので、こちらに非がないとはいえ、LDWに入ってなかったし(車両損害補償制度)、それなりの金額を請求されるんだろうなと覚悟してたら、ついにHertsからレターが。

恐る恐る開けてみると意外に請求金額が少ない!というか予約したときの概算と変わらない?明細をよく見てみたら、Con.Fee Recoveryという項目の$36.75しか追加されていない様子。胸をなで下ろしたのでした。Thanks! Hertz
[PR]
by dlynch | 2007-01-21 17:40 | travel

手紙 | 東野圭吾

e0012194_1192655.jpgmy best東野の『容疑者Xの献身』『秘密』。ここに『手紙』が割り込んできました。この作品には東野圭吾流の謎も大どんでん返しもありません。でも、面白い。惹きつけるものがあるとでも言い直した方がいいかもしれない。

物語は割と単純で、弟のために盗みを働くつもりだけだった兄が成り行きで人を殺してしまう。強盗殺人犯の弟に立ちはだかる差別。二人の接点は服役中の兄から、差別に苦しむ弟に届く「手紙」だけ。この手紙の出来が実にすばらしくて、兄が送ってくる手紙の木訥さと脳天気さに腹が立つらや切ないやら、そして最後の弟から兄への手紙なんて、もう・・。

もし、自分が直貴だったらどうしてるか?髭面の店長だったら?寺尾だったら?朝美の父親だったら?そんな風に登場人物と自分を置き換えること。そして、この物語の最後をどう締めくくるのか?を想像すること。この2つがこの小説の楽しみ。平野を通して語られる一つの提示には、これまた考えさせられました。優れた筆力とともに小説を堪能できる一品。はてさて、果たして映画の方は?
[PR]
by dlynch | 2007-01-20 01:19 | book

アーバンドック ららぽーと豊洲

自由に走らせてやりたい。都会で飼ってると痛切にそう思います。アーバンドック ららぽーと豊洲のドッグランはなかなかいいところですよ。
e0012194_1153620.jpg

[PR]
by dlynch | 2007-01-13 01:17 | dog

感染 | 仙川環

e0012194_161276.jpg『千里眼 背徳のシンデレラ』の隣に平積みされていた『感染』を、題名と帯に惹かれて読んでみたんだけど、正直なところ物足りない感じがする小説でした。

今は亡き火サスっぽいとでも言えばいいのか、不仲の夫婦がいて、旦那はなにやら謎を抱えていて、奥さんは悩んでて、都合のいい人物から都合よく連絡があったり、なんだか怪しい人物が怪しいことをしでかしたり、あーこれたぶん伏線だなというエピソードがあって、そうこうしてるうちに話がどんどん進んじゃって、あれこれが結末?とまあそんな感じ。

医療サスペンスとしても、人間ドラマとしても、登場人物の描写が薄いし、文体が軽すぎる。どこかももっと掘り下げてもよかったと思うんだけどな。ただ、普段、あまり本を読まない人にとっての入門にはいいのかも。
[PR]
by dlynch | 2007-01-12 23:30 | book

X-MEN Final Decision | ブレット・ラトナー

e0012194_23545836.jpg公開に合わせて前二作をちゃんと予習しておいたものの、諸事情で劇場に行けなかった『X-MEN Final Decision』をようやく観られました。

結論から言っちゃうと大満足。
X-MENシリーズの魅力はエンターテイメントでありながら、「哀しい」感じがするところだと思うんだけど、その意味でジーンとウルバリン、ミスティーク、プロフェッサー、マグニートーの最後は哀しかった。サイクロップスは哀しいじゃなくて悲しい(涙)。ストームの活躍ぶりを彼やローグに分けてあげればよかったのに。

それにしても『スーパーマン リターンズ』といいこの作品といい、ハリウッドはやっぱりVFXのクオリティと使い方が桁違い。予算の違いと言ってしまえばそれまでだけど、同じ予算があったとしても、邦画であんな魅せ方ができるだろうか?マグニートーがゴールデンゲートブリッジを持ち上げてアルカトラズに架けちゃうシーンはもう鳥肌もんです。ちなみに隣でボソッと「あんな大げさにしなくても、みんなをバスに乗っけて飛ばせばいいんじゃない?」と言ったヨメ。いや、そうなんだけど、ミュータント軍団がバスに乗って攻めていく絵はちょっと・・。
[PR]
by dlynch | 2007-01-08 19:05 | cinema

初詣

e0012194_0521336.jpg遅まきながら初詣に行ってきました。普段は近くの目黒不動に行くんですが、今年は泉岳寺へ。なぜ泉岳寺なのかというと夫婦二人とも忠臣蔵が好きだから。

毎年、年末年始になるとどこかのテレビ局が忠臣蔵やりますよね。討ち入りを果たした四十七士が雪が降りしきる中、泉岳寺まで首級を届けるシーンを観る度に、いつか行こうと思い、今年ようやくその夢?を果たせました。

なんたって、生まれて初めて劇場で観た映画が深作欣二の『赤穂城断絶』。当時10歳。パチンコで大当たりしたオヤジがゴキゲンになって連れて行ったようです(母談)。血しぶきが飛び散る生臭い映像だったこと以外はなぁーんにも覚えていません。

ところでこの日偶然、魚藍坂下で見つけたCafe J-P'は店内までワンコOKです。
[PR]
by dlynch | 2007-01-08 01:39 | travel

LOST | J.J.エイブラムス

e0012194_23555317.jpgAXN『LOST シーズン2』の放送が始まるというので、慌ててスゴ録に貯まっていたシーズン1を見終えました。散りばめられた謎が明かされるどころか、土壇場でさらなる謎を残してepisode25が終了。なんて殺生な・・。

『LOST』の面白いところは、訳のわからない謎だらけの島を舞台に、いつ来るとも分からない救援を待つという特殊な状況下で何かハプニングが起きたときに、ヒトはどう行動するか?ヒトは追いつめられたときにどう出るか?ヒトは誰を信頼するか?そういう人間の根源が描かれるところ。その描写を補足する意味で、キャストの過去のエピソードが少しずつ明らかになっていくところは、連ドラとしてホントよくできてる。各人のエピソードの絡みもね。

これからさっそく『LOST シーズン2』を観るつもりなんだけど、AXNのサイトを覗いたら「シーズン3 5月プレミア放送決定!」って、じゃあシーズン2でも、すべての謎が明らかにならないんだろうなぁ。なんか『ツイン・ピークス』を思い出したぞ。
[PR]
by dlynch | 2007-01-07 23:56 | teevee

千里眼 背徳のシンデレラ | 松岡圭祐

e0012194_033659.jpgこのブログを始めて4作目になるシリーズ最新作『千里眼 背徳のシンデレラ』はやっぱり機中で読みました。とはいえ上下巻で1200ページを超える大作。読み終えたのは大晦日の実家のおこたの中でした。

・・でも、正直なところ千里眼シリーズの中ではイマイチだったかな。過去の歴史的な大事件と友里との関係、その友里、マリオン、ダビデのメフィストでの過去、時事問題の採り入れ、執拗なまでに細かい背景描写、前半で散りばめている伏線のつながりなどなど、それはもう見事なエンターテイメントとしか言いようがないんだけど、広げすぎた風呂敷を閉じきれなくて、中身がはみ出している印象がどうにも拭えない。とくに、メフィストの神格化はやり過ぎじゃないかと。そんなにすごい組織なのに、あれは?これは?という手抜かりも多いんだよね。

今回のカバーモデルになってる釈ちゃんは確かに岬美由紀のイメージに近いね。少なくとも水野美紀よりもあってる。これで知性を感じさせてくれると完璧なんだけど。それにしても、下巻の写真はもうちょっとナントカならなかったのかな?風俗誌の表紙みたいんじゃない?
[PR]
by dlynch | 2007-01-07 00:33 | book