ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

exciteブログ さようなら

2005年の6月から始めたブログですが、今日をもってこちらに引っ越します。約3年間の総記事数は511件でした。

新しいブログでは内容はもちろん見た目もパワーアップしていきますので、ブックマークされている方は更新して頂ければ幸いです。
[PR]
# by dlynch | 2009-01-24 17:51 | others

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
未曾有の不景気の中、19日から冬休みに入り、5日の仕事始めまで、のんびりとした時間を過ごせました。こちらは、はなと一緒に実家のソファでお昼寝中の図です。
e0012194_027481.jpg
食べてばかりいたせいかお腹の周りにぷよぷよしたものが・・。この体型を維持するのに日々トレーニングを積んでいるというのに、余計なお肉がつくのはあっという間です。

そして、年末に遂に40歳になってしまいました。本人としてはかなーりショックなのですが、こればっかりは逆らいようがないので、若々しさと風格を兼ね備えたカッコイイ大人を目指すことにします。今年は男の大厄。どうか恙なく過ごせますように。

ちなみに現在、勉強も兼ねてオリジナルのブログを立ち上げるべく奮闘中です。近いうちに新しいドメインに移行しますのでお楽しみに。
[PR]
# by dlynch | 2009-01-08 00:40 | others

鎌倉へ

今月は弊社の上半期の締めなので、先週あたりから昼はレポート作成、夜は忘年会と本を読む暇も映画を観る暇もありません(涙)。

せめて休みの日だけは仕事から離れようとプチ旅行な鎌倉に行ってきました。最初に訪れた円覚寺は境内まではながOKで、そこかしこに綺麗な紅葉が。日本の晩秋を堪能できました。

そして悲劇はその後に訪れました・・。北鎌倉から鎌倉へ移動するのに途中の源氏山公園がお奨めとのブログの記事を読み、源氏山・大仏ハイキングコースなる道を選んだのが大失敗。降りてくる人が軽装だったので、かるーく考えていたら、もう完全にハイキングコース。ハンドバッグ程度ならともかく、手元にははなちんを載せるカートがあったのね・・。えっちらおっちら山道を運びました。
e0012194_0521046.jpg
半ばやけくそで撮った一枚。下り切った後に偶然、かねてよりヨメが行きたかったというROMI-UNIE CONFITUREを発見できたのはヨカッタ。その後、小町通りを経由して、岐路へと着いたのでした。
e0012194_059470.jpg
鎌倉まめや。暗くなってるのに賑わってます。
[PR]
# by dlynch | 2008-12-19 00:42 | travel

ラストサムライ | エドワード・ズウィック

e0012194_093781.jpg先週、日帰りの大阪出張があったので、帰りの新幹線で『ラストサムライ 』を観てました。幕末なら会津、源平なら義経という典型的な判官贔屓なので、何度観ても最後の戦いや勝元の息子が髷を切られるシーンには涙腺が弛んじゃいます。

ま、落ち着いて観ると、時代考証がめちゃめちゃで、地理関係もいい加減で、時々どう見ても日本には見えない景色だったりして、日本人としてのツッコミどころは満載なんだけれども、名誉というhonorとはまた違うニュアンスの言葉をWWに通用するエンターテイメントに昇華していたと思う。惜しくらむは、武士道がたんなるバンザイアタックに見えてしまうところ、たかとオールグレインのロマンス。とくに後者は何度観てもやっぱり納得できない。

俳優陣は渡辺謙にスポットが当たりがちだけど、ボブ役の福本清三を初め、脇役がすばらしく、そして、日本人ではなんといっても真田広之がカッコイイ。あの存在感と格好のよさにはしびれます。そして、トムさまもさすが。トム・クルーズが故に見過ごしがちだけど、欧米人があそこまで甲冑を着こなして、殺陣が様になるようになるには、相当にトレーニングを積んだだろうし、勉強をしてるはず。また、時間があったら観ようっと。
[PR]
# by dlynch | 2008-12-13 00:09 | cinema

そうだ 京都、行こう。 | 雄琴温泉編

タイトルが「そうだ 京都、行こう。」なのに、お隣の滋賀県は大津市にある雄琴温泉編となっているのは、ここにある暖灯館きくのやに泊まっていたからです。京都に行くことを決めてから慌てて宿を探したものの、どこも満室で手詰まりになっていたときに、ふとGoogleマップを眺めてみると、意外に京都から琵琶湖が近いことを発見。

ということは湖畔に宿があるのでは?と思って探し出したのがこちら。湖西道路経由で、東山区あたりなら車で30分くらい、上から回れば大原も30分くらい。一度、ナビに従って、比叡山を越える山中越を通りましたが、あの道はファミリーにはお奨めできません。FRか4WDな人専用の峠道です。
e0012194_012212.jpg
国道沿いに立っているのでロケーションが今ひとつなものの(温泉とはいえ、湯煙とは無縁だし)、すぐ裏が琵琶湖なので旅行に来た感は味わえます。
e0012194_015318.jpg
夕食は、会席・しゃぶしゃぶ・すき焼きからチョイスできるというので、初日がしゃぶしゃぶ、2日目はすき焼きを頼んでみました。地元の近江牛はもちろん、お野菜も美味しかったです。夕食は部屋の中でいただけます。
e0012194_0182474.jpg
こっちはすき焼き。一人あたり20,000円は高いかなあと思ったものの、この夕飯と朝食がついてることを考えると妥当かな。仲居さんにお茶を淹れてもらったり、お布団敷いてもらったり、温泉に浸かったりと(ぬるめのお湯なので、湯あたりしやすい人にはいいかも)旅館ならではの気分も味わえます。

なによりも、はなちんと部屋で過ごせるしね。
とにもかくにも楽しい京都旅行でした。おしまい。
[PR]
# by dlynch | 2008-12-10 00:11 | travel

そうだ 京都、行こう。 | 錦小路編

大原を後にして、ヨメのブログ仲間とHOT39でご歓談。なんだか女子らしいものすごい盛り上がりを見せてました。その後に向かったのが、京都の台所といわれている錦小路。前日の三条通りから四条通りに向かう一つ手前の通りです。最初こそ、食べ歩きなお店がなかったものの、程なくして見つけたのが三木鶏卵さん。あまりにも美味しそうなだし巻き卵だったので、その場で並んで食べてみました。
e0012194_0321910.jpg
それはもうあまりにもおいしすぎ。京都に行ったら絶対に食すべし!です。
e0012194_0331892.jpg
その後に見つけたのが魚力さんのハモの照り焼き。照り焼きの香ばしさと鱧の食感がこれまた絶妙でした。その後はこんなもんじゃの豆乳ドーナツを頂いて、再び三条通に戻り、東京への帰路についたのでした。
[PR]
# by dlynch | 2008-12-09 00:29 | travel