ブログトップ

cinema and book

killbill.exblog.jp

恋人たちの予感 | ロブ・ライナー

e0012194_23533525.jpgそれでは時系列に沿ってこの間に観たり読んだりした作品の紹介を。行きの飛行機で観ていたのが『恋人たちの予感』。ボクにとってのラブコメの原点であり、恥ずかしながら、邦題と原題に違いがあることを初めて知った作品でもあります。

この映画にはラブコメのエッセンスがぎっしり詰まっていて、改めてそれを再確認。NYの美しくも(なんといっても紅葉のセントラルパーク!)、身近な(バッティングセンターとか本屋とか)情景とハリー・コニックJr.の洒脱なスタンダードジャズを背景に、ファッション(B・クリスタルにも注目)や別の映画の引用(カサブランカね)といった小物が効いてる。最初に観たときに、サリーが街中でもみの木を買って引きずって行くのを(ハリーがいるときにかかる曲がまたいい)羨んだことを思い出しました。だって、リアルもみの木って日本で見ないでしょ?

そんな背景や小物が効いてるのは、当たり前だけど、物語とキャラクター、俳優がしっかりしているからであって、出会いから、最後のハリーの名台詞“I love that you are the last parson I want to talk to before I go to sleep at night.”に至るまでの骨子と小話がすごく良くできてる。かの絶頂シーンはもちろん、ダブルデートとか、カラオケセットで歌うところとか。

いい映画っていつ観ても何度観てもいいもんです。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-11 23:54 | cinema

アムステルダム

そんなわけで今日帰国しました。街中を縦横無尽に走る運河と古い建物が印象的なアムステルダムは、街中のごちゃごちゃ感と電車に10分も乗れば見られる長閑な田園風景がほどよくバランスがとれていて、とても好ましい街でした。言われるほど危険は感じなかったし。
e0012194_22513228.jpg
典型的なアムスの風景
e0012194_2251927.jpg
ときどき霧が出たりする
e0012194_22511854.jpg
この辺がいかにもヨーロッパ。
e0012194_22512518.jpg
一番好きな景色は朝のダム広場です。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-10 22:53 | travel

アムステルダムの自動車

お次は自動車。欧州諸国のクルマに混じって、日本車もかなり見かけます。日産とマツダが多い印象。新旧入り交じっているのがおもしろいところで、普通に歩いているだけでも、
e0012194_22372640.jpg
e0012194_22373253.jpg
アルファロメオのGT1300 Juniorや
e0012194_22374799.jpg
大好きなシトロエンDS
e0012194_22373872.jpg
そして、チンクエチェントも現役。ぼろぼろの2CVも走ってたなぁ。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-10 22:43 | travel

アムステルダムの自転車

e0012194_22262127.jpg
市民の足は自転車です。どこへ行くにも自転車みたい。狭い道でも車道と歩道と自転車道がちゃんと整備されてます。ただ、街中の9.8割はママチャリ。この1週間で見かけたロードはGIOSとピナレロがそれぞれ1台だけ。東京の方がよほど高級車が走ってます。
e0012194_22301531.jpg

e0012194_22302270.jpg
アムステルダム中央駅の前にある駐輪場。見渡す限りの自転車。
e0012194_22305750.jpg
荷台をつけたチャリも結構、見かけました。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-10 22:31 | travel

Holland Casino

e0012194_814396.jpg
話は前後しますが、仕事まっただ中のディナーのあとで、ほろ酔い加減もあって、韓国のサンウーと一緒にHolland Casinoへ。オランダ政府の公認カジノだそう。入場に5ユーロだったかな。アジア人(たぶん中国人)がとても多いです。サンウーは100ユーロぐらいの負け、ワタクシはというと260ユーロほど勝ち。イェイ。
ちなみに行きのタクシーは7ユーロだったのに、帰りは15ユーロを請求され、まぁ、儲かったし、面倒くさいからいいやと20ユーロ払って、5ユーロのお釣りを受け取ったつもりが、翌朝、5ポンドと気づく始末・・。円との為替で計算すれば、ユーロよりはいいんだけど、ねぇ。夜のタクシーには気を付けましょう。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-09 08:03 | travel

東京はえ精神 !?

e0012194_6142978.jpg
マグナ・プラザというデパートの地下で見つけた一品。ほかにも色違いがあって、それぞれおかしな日本語がついてました。
ダム広場の近くにある土産物屋に入ったときに、店員の兄ちゃんから「トモダチのサムライ!」と話しかけられ??その後の会話で、サムライの=日本から来たという意味で使ってることが判明。もし「ニッポンのトモダチ!」と声をかけられるようなことがあれば、その日本語を教えたのはワタシです。ちなみに日本語を勉強中という彼が別れ際に発した言葉が「さらばじゃ」。一体、何で勉強してるんだか。
[PR]
# by dlynch | 2008-11-08 06:15 | travel